LINEで告白はあり? なし? メリット・デメリットと告白するときのポイント

周りに使っていない人はいないかも……というレベルで普及しているLINE。簡単にメッセージのやり取りや無料の電話ができて、とっても便利ですよね! 

最近は、直接や電話では恥ずかしいからと、LINEを使って告白する人が増えているんです。それって実際あり? それともなし? 今回はLINEで告白することのメリットとデメリットをお伝えします。それを踏まえたうえでLINEでの告白にチャレンジする人へ向けて、押さえておくべきポイントもご紹介します! 



LINEで告白はあり? メリット3つ


まずはLINEで告白することのメリットを3つご紹介します! 

LINEで告白するメリット1. 勇気が出なくても挑戦しやすい


LINEは気軽にメッセージを送れるところが魅力のひとつ。気軽に送れて告白のハードルを下げてくれるので、勇気がなくてもチャレンジしやすいところがメリットです。

告白は自分の気持ちをさらけ出す行為。緊張しないわけがないですよね。直接伝えたり電話をかけたりするよりはハードルが低いので、目を見たり声を聞いたりすると緊張でどうにかなってしまいそう……という人にはおすすめです。



LINEで告白するメリット2. 緊張せずに自分のタイミングで伝えられる


直接呼び出したり電話で伝えたりする告白は、リアルタイムなので相手の時間を確保してもらわなくてはいけません。

そうすると「やっぱりあとがいい」「今のタイミングではない」と思っても変えることは不可能です。自分の気持ちの準備ができていなくても、呼び出した時間や電話に出てもらった時間内で、伝えなくてはならないですよね。

LINEは自分のタイミングで伝えられるので、気持ちを整えてからメッセージを送れるところがメリット。緊張を抑えることが可能です。



LINEで告白するメリット3. 相手にじっくり考える時間をあげられる


直接の告白や電話を使った告白は、相手にその場で答えを出してもらうことがほとんど。

しかしLINEは答えのタイミングを相手に委ねられるので、じっくり考えたうえで答えを出してもらえます。

「まあいっか」と思って付き合われたり、反射的にNOと言われたりするのは悲しいですよね。しっかり相手に考える時間をあげられるところは、LINEで告白をするメリットです。



LINEで告白することのデメリット


では反対に、LINEを使って告白するデメリットはどこにあるのでしょうか。6つピックアップしてご紹介します。

LINEで告白するデメリット1. 成功率が悪い


LINEでの告白は成功率が下がります。なぜなら、気軽に送れるからこそ本気度が伝わらないから。

直接や電話での告白は、緊張している姿や声色、言葉から本当に好きな気持ちが伝わってくるものです。

一時期、罰ゲームとしてLINEで告白をする「ウソ告」も流行ってしまったことから、余計に信じられない人が増えてしまっています。中には、「どうせからかっているだけでしょう」とLINEでの告白を一切信用していない人も。

せっかく告白をするのに、本気だと捉えられないのは悲しいですよね。



LINEで告白するデメリット2. スルーされる可能性がある


LINEでの告白は、スルーされる可能性があるというデメリットも存在します。

「既読スルー」「未読スルー」という言葉があるように、LINEは簡単に相手のメッセージをスルーできてしまいます。

そのため、告白を本気と受け取ってもらえずにスルーされてしまう可能性があるのです。

スルーの中にも「面倒だからいいや」という意図的なスルーと「後で返そうと思っていて忘れていた」という意図的ではないスルーがあります。しかし、どちらにせよ告白の返事の催促はできませんよね。

スルーされる覚悟を持っているのなら、LINEで告白にチャレンジするのもいいでしょう! 



LINEで告白するデメリット3. スクショして共有される可能性がある


面白いやり取りがLINEであったとき、そのトークをスクショして他の友だちに送った経験はありませんか? 

それと同じことがLINEでの告白でも起こり得ます。

相手が誠実な人であればいいですが、面白がって友だちにトーク画面を共有されてしまったら、それこそ恥ずかしい思いをしなくてはいけませんよね。

スクショを共有される危険性があることは覚えておきましょう。



LINEで告白するデメリット4. 本気度が伝わらない


成功率が悪いことにも繋がりますが、LINEでの告白は本気度が伝わりません。

直接や電話での告白では、溢れ出る気持ちをその場で伝えられます。しかし、LINEは無機質なメッセージでしか伝わらないので、どれだけの熱量が込められているかがわからないのです。

本気で伝えてくれた相手に対してはしっかり対応したくなりますが、本気かどうかわからない相手には、雑に対応してもいいかな……と思ってしまいませんか? 

LINEでの告白にはそんなデメリットも存在します。



LINEで告白するデメリット5. 遊びだと思われる可能性がある


LINEでの告白は、「友だちとの罰ゲームなのではないか」「遊びで告白してからかっているのではないか」と相手に疑わせてしまいます。

本気さが伝わらず、遊びだと思われる可能性があるのは悲しいですよね。



LINEで告白するデメリット6. 返事がまだのまま会ったら気まずさを感じる


相手に考える時間をあげられるのがLINEでの告白のメリットとお伝えしました。しかし、返事を待っている間に告白した相手と会わなくてはいけない状況になるかもしれません。

自分の気持ちを伝えて返事がまだのまま会ったら気まずさを感じてしまうことでしょう。LINEでの告白はこのようなデメリットもあるのです。



LINEで告白するときに押さえておきたいポイント6つ


メリットとデメリットを踏まえたうえで、やはり自分にはLINEでの告白が合っていると感じているのであれば、ポイントを押さえて成功率を少しでもアップさせましょう! 

LINEで告白するときのポイント1. 時間帯は夜がベスト


告白する時間帯は、夜をチョイスするのがおすすめです。

相手もゆっくりスマートフォンを見れている可能性があるので、スルーされる確率が下がるでしょう。

また、夜は時間がある人が多いので、ゆっくり考えてもらえるはずです。



LINEで告白するときのポイント2. 「大事な話がある」と切り出す


「大事な話があるの」と切り出して相手からの返事を待つのも、押さえておくべきポイントです。

相手は「大事な話があるの」の一文で少し身構えること間違いなし! 緊張感が高まった状態で気持ちを伝えられるでしょう。

また、相手が確実にスマートフォンを触っていることを確認してから告白をすると、完全スルーを避けられますよ。



LINEで告白するときのポイント3. 告白は「好き」とストレートに


告白は回りくどい言い方をせずに「好きです」とストレートに伝えるのがベストです♡ 

言い訳のように長い文章を送っては、相手も読むのが疲れてしまうし、むしろ気持ちが伝わりにくくなってしまいます。LINEで告白する際には、シンプルに直球で勝負しましょう。



LINEで告白するときのポイント4. 「付き合ってください」と一緒に伝える


「好きです」だけでは「ありがとう」で済まされてしまうかもしれません。「付き合ってください」と一緒に伝えることで、相手からYes・Noの返事を聞けます。

せっかく勇気を持って告白するのだから、付き合えるかどうかまで知りたいですよね。



LINEで告白するときのポイント5. シンプルな言葉で真剣さを伝える


シンプルな「好き」の2文字は、他の長い文章よりも真剣さが伝わります。

なかなか本気度が伝わりにくいLINEでの告白。できるだけストレートに伝えるように意識しましょう。



LINEで告白するときのポイント6. 絵文字は極力使わない


ハートマークや顔マークなど、絵文字を使いたくなってしまうところですが、極力使わないことをおすすめします。
なぜかというと、絵文字を使うことで真剣さが薄まってしまう可能性があるから。

告白を成功させるためにも、文章に色は入れないようにしましょう! 



告白は直接伝えるのがベスト。でもLINEを活用するのはアリかも!


本気度を伝えるには、直接伝える告白はベストです。成功率もグンとアップするでしょう。

しかし、LINEでの告白も勝率がないわけではありません。ポイントを押さえてストレートに伝えましょう♡

モテテクは逆効果!? 片思いの男子を遠ざけるLINEの使い方

次のデートに繋がる! デート後に送るといいLINEを伝授♡

こんなLINEがくるなら“脈あり”の証拠♡ 彼の本気度チェックポイント

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ