うっかりエロスにきゅん♡!? 『ハロー張りネズミ』の深キョンに学ぶモテの極意♡

瑛太さん、V6の森田剛さん、深田恭子さん出演で話題の金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』。爽快な本格アクションと出演陣のコミカルな演技が人気の理由ですが、男子たちがメロメロになっているのが今年35歳になる深キョン演じる蘭子。彼女のキュートさとエロスは、どこから来るのでしょうか?

“うっかり”エロスに男子はドキドキ?


(c)TBS
(c)TBS

ゴロー(瑛太さん)やグレ(森田剛さん)が所属する探偵事務所「あかつか探偵事務所」所長であるかほる(山口智子さん)が、蘭子につけたあだ名が「うっかりエロスちゃん」。うっかりとエロスを出してしまい、男子を魅了してしまうという蘭子の特徴をよく捉えています。

セクシーさというものは難しいもので、全面的に出しすぎてもあまり効果がないのだとか。「うっかり谷間が見えちゃった」「うっかり手が触れちゃった」など、ハプニング的な要素が男子をドキドキさせるのでしょう。それを自然とやってしまう蘭子のセクシーさは、“うっかり”だからこそ際立つのかもしれませんね。

下がり眉の困り顔にキュン♡


数年前に流行した下がり眉。蘭子は下がり眉とぽってりおちょぼ口が特徴ですが、男子はそんな女子の困り顔に弱いようです。

(c)TBS
(c)TBS

ただ、よく見ると蘭子はずっと下がり眉なわけではなく、本当に困っている時に眉を下げているんですね。初めから下がり眉にしておくのもいいですが、少し流行遅れなのでできればいざ! という時に下がり眉にできるよう、鏡の前でトレーニングしておきましょう!

何かをお願いしたいとき、たとえば告白の際「付き合って」と言うとき。下がり眉の困り顔でお願いすれば、男子は「OK」とつい言ってしまうかも!?

姿勢と歩き方からも女の子らしさを感じる

 
男子が意外と気にしているのが、姿勢や歩き方。いくら顔がかわいくても、姿勢が悪ければ印象も悪いですし、ガニ股ではドン引きされてしまいます。普段の自分の姿はなかなか見ることはできません。全身を鏡で見る習慣をつけたり、歩いている時にビルのガラスに映った自分を常に確認したりするといいでしょう。

EDITOR

彩香
フリーランスライター・エディター。家なし金なし彼氏なしの生活を送っていたが、今年交際0日婚を決める。ミニマリズム信者

関連記事

今、あなたにオススメ