『 #過保護のカホコ 』が超かわいい♡ 素直な女子が一番愛される理由

高畑充希主演のドラマ『過保護のカホコ』。母親の過度な愛情を受けて育ったカホコは、自分一人では何もできないちょっとダメな女子ではありますが、素直に育った性格ゆえ、周りのみんなから愛されています。そんなカホコのように、周りから愛される理由にはどうすれば? 愛され女子になるための秘訣を探ってみちゃいましょう!



素直に「ありがとう」が言える


自分の感情を口に出すのが苦手なカホコ。ですが、うれしい時は素直に「ありがとう!」と伝えることができます。他人の好意を疑わず、素直に受け取りすぐに感謝の言葉を述べる。これは、簡単なことのように見えて、実は結構難しいことですよね。

感謝の気持ちは伝えて損はない!


なぜなら、人は傷つけられることやだまされることを恐れ、相手の好意を俯瞰で見てしまうことがあるから。たしかに、いい顔をして近寄ってきて、実は相手をだまそうとするような人も世の中にはいるもの。ですが、それを恐れすぎて本当に他人が自分のためを思ってしてくれていることを、まっすぐに受け止められないのも問題です。

他人のために何かをしたら、見返りは求めなくとも「ありがとう」という感謝の言葉や笑顔は欲しいはず。それが当たり前のようにしてくれるカホコは、周りを癒やしてくれるため、誰からも好かれているのでしょう。



人のことを絶対に悪く言わない

 
いとこのイトちゃん(久保田紗友さん)に言われた言葉にショックを受けるカホコ。生まれて初めて人から嫌われたカホコですが、それでもイトちゃんのことを決して悪くは言いません。それだけでなく、悪態をつかれてもなお、どうすればイトちゃんの元気が出るか一生懸命考えました。

相手の気持ちを考える余裕を持って


悪口をいう女子よりも、言わない女子の方が好かれるのは当然です。でも、自分のことを否定されたら、その人のことを悪く言ってしまうことは誰でもあることですよね。そんなときは少しだけ視野を広げ、カホコのように「自分の悪いところはどこか?」「相手はなぜそんなことを言ったのか?」を考えてみましょう。

何事にも一生懸命



EDITOR

彩香
フリーランスライター・エディター。家なし金なし彼氏なしの生活を送っていたが、今年交際0日婚を決める。ミニマリズム信者

関連記事

今、あなたにオススメ