コスメの力で紫外線対策♡ 日焼け止めに頼らないUVカットメイク

「焼けたくない!」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのは日焼け止めですよね。腕や脚に使っているSPF50のアイテムを、メイク下地として使用しているという方もいるのでは? 
しかし、日焼け止めってたっぷり塗らないと意味がないので、厚塗りになってしまってメイクがヨレてしまうことも……。そこで今回は、日焼け止めではなくコスメの力を借りた、日焼け防止のベースメイクをご紹介します♡

まずは基礎知識をおさらい!


焼けたくないと思ったら日焼け止め!
焼けたくないと思ったら日焼け止め!

そもそも、SPFやPAとは何なのか知らない方も多いのでは!? 「SPF50の方がたくさん紫外線をカットしてくれそう! 効果がありそう!」というイメージがあるかと思います。私も資格を取るために勉強する前は知らなかったのですが、数値が高いから良いというわけではないんです。

SPFって!?


日焼け後の赤みなどの原因になる“UVB波”のダメージを受ける時間を、どれだけ遅らせることができるか、という数値のこと。

例:SPF1が20分なので、SPF50の場合は20×50=1000分 炎症が起きるのを遅らせることができる。

数字が高くなるにつれて防御率が高くなるというわけではないので、肌に負担がかかるSPF50のものを一度塗るよりは、数値が低めのものをこまめに塗った方が良い場合も多いです!

PAって!?


肌の深いところまで届いて、シミやシワなどの原因にもなる“UVA波”の防止効果を4段階で表した数値のこと。最大値がPA++++です。

紫外線散乱剤・吸収剤については、こちらの記事をチェックしてみてね! また、ローリエプレス内にも学べる記事がたくさんあるので、「日焼け」と検索してみてください!

絶対に焼けたくない方におすすめな毎日メイク♡



優秀なUVカット下地を取り入れよう


コスメブランドから出ている紫外線カット効果のあるベースアイテムは、毎年進化し続けています。メイクアップ用に作られているので、市販の日焼け止めを下地として使うよりも仕上がりが良いですし、崩れにくい! 白浮きしてしまったり、使用感がベタついたりすることも少ないです!

EDITOR

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ