好きな人にLINEブロックされたかも…諦める前にやるべきことって?

片思いの彼を映画に誘ったら「仕事が暇になれば一緒に行こう」と言われ、それから2週間以上が過ぎたので、LINEで再度アプローチ。でも既読がつかない。LINEをブロックされているかも……こんなときどうすべきなのか、について、今回は一緒に考えていきましょう。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


1.まずは騒がない・不安にならないこと


LINEで相手にブロックされたのかどうかを知る方法は、すでにネットに出回っています。送ったメッセージに「既読」がつかない場合の見分け方が紹介されています。なんらかの方法を使って、彼にブロックされたかどうかを確かめる人もいるはずです。
たまたま忙しくてLINEを確認していなかった、未読無視の多い人だった、ということもあると思います。でもそうではなく「やっぱりブロックされていた……」という可能性もあります。それはきっと、あなたが欲しい答えではないでしょう。

調べるにせよ、調べないにせよ、彼からLINEが来なくなれば、まずは冷静でいられるように心がけるべき。ブロックされたかも、という悲しい事実を前に一喜一憂しても、なんの解決にもならないからです。



冷静になんてなれない! というときは?


心が強くなっている大人は感情的になってはいけない場面では、自分の気持ちをコントロールをします。でも自分で自分の気持ちをうまくコントロールできない人は、「するな」と言われても無理ですよね。
そういうときは、時間を置くしかないでしょう。時間を置いて、その間他のことを考えたり、何かに打ち込んだりして、気を紛らせること。こうやって少しずつ、人はセルフコントロールが上手になっていきます。



2. 偶然を装って彼と会う


LINEをブロックするのは「子どもじみたこと」です。大人はあからさまに相手にネガティブな情報を与えないようにしつつ、相手の様子を見、しかるべき時が過ぎたのちに、どうするのかを考えます。
相手が子どもだということは、あなたが優位なポジションを得ることができます。彼とリアルに会える人は、偶然を装って彼と会って、食事にでも誘ってみるといいかもしれません。

ブロックされているかどうかは気にしない!


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ