いい感じなのに「好き」とは言ってくれない男子の本音って!?

明らかに「彼は私のことが好きだろう」という状況にもかかわらず、なかなか「好き」と言ってこない男たちっていませんか? いい雰囲気なのに……彼らはなぜ好きと言ってこないのでしょうか。男子の本音とその対処法について、一緒に見ていきましょう。

1. 男子って意外と鈍感だから


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

あなたが「彼は絶対に私のことが好きに違いない」と思って、たとえば彼に告白したとします。そのとき彼は「えっ! 君っておれのことが好きだったの? そんなこと、全く知らなかった」と言うことがあります。知らないふりをしてクールな男を演じているケースももちろんありますが、本当にウソ偽りなく知らなかったというケースもあります。

恋愛のことはあまり考えていない


男子って、女子が思っているより恋愛に関して鈍感だったりもします。女子は、極端にいえば四六時中、恋のことを考えている人もいますね。でも四六時中、恋愛のことを考えている男子はすごく少ない。
もちろん、女子のハダカのことを四六時中考えている男子は山のようにいます。でも、現実的な恋愛について頻繁に考えている男子は少ないものです。

このような鈍感な男子に、あなたはどう対処するべきか? それは恋愛に限らず、なにごとも敏感な人が鈍感な人を導くしかないですよね。

2.「おれには無理」とあきらめている



男子って、好きになった女子のことを「おれより立派な存在」だと感じることがあります。たとえあなたの方が彼より明らかに貧しく、明らかに偏差値が低かったとしても、好きになった彼女のそういうところを超越して、「すごい人」としか思えなくなるのです。

ありのままのあなたを見せて!


だから彼ともっと仲良くなるといいです。彼はあなたのことを「生きている意味を教えてくれる女神のような存在」と思っていても、実際のあなたは女神ではないですよね。普通の人間ですよね。だから、普通に仲良くすればいいのです。人間くさいところを彼に見せてあげるといい、ということです。

3. 軽い男と思われたくないと思っている



EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ