奥手同士の恋を発展させるには? 女子からきっかけを作るコツ

自分から女子のことを誘ってこない男子のことを好きになってしまって、女子側も自分から誘うタイプではなかったとすれば、この二人は永遠に結ばれないことになってしまいかねません。今回は、そんなときどうすればいいのかについて、一緒に考えてみたいと思います。

1. きっかけは女子が作ってあげよう


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

男女どちらかが誘わないと話が始まらないので、女子から誘うしかないというのが、もっともベーシックな答えになるのではないかと思います。

「誘うのに勇気が必要」と思うかもしれませんが、勇気がなくても誘うことは可能です。そもそも男子ってヘンなプライドがあるのです。「おれから彼女のことを誘って、もし断られたらイヤだな」とか妙なプライドがあります。あるいは「彼女を誘ったとき、彼女がイヤがるかもしれない」という根も葉もない恐怖心を抱いていることもあります。誘うという行為が上手くいかなかったときのリスクを、男子はきっと女子より真剣に考えているのです。

だから、あなたが彼のことが好きなのであれば、あなたから普通に、たとえば「一緒に帰ろうよ」と誘ってみるだけでOKなときもあるのです。

2. 「今度一緒にご飯に行こうよ」でもOK


男子を誘うのが上手い女子は、たいていおいしいご飯屋さんを味方につけています。「駅のそばにおいしいお店ができたんだけど、今度一緒に行ってよ!」なんてことを、しれっと普通に言います。

彼を誘うときに大切なのは、彼がメリットに感じることを提供できるかどうかです。だから、楽しいことをたくさん知って、味方につけましょう。



3. デートプランは二択で伝え、彼に選ばせよう


男子が女子のことを上手く誘えない理由の一つが、「女子ウケするデートプランを知らない」ということです。女子ウケするご飯屋さんは知らないけど、会社の先輩に連れて行ってもらった駅前の赤提灯は知っている、みたいなことです。なので、デートプランを女子が提示してあげることで、彼は行動しやすくなります。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ