透明感のある肌作りに必要な正しい知識 秋も継続して使いたいおすすめ美白コスメ

女の子の憧れ“透明美白肌”。そのため、紫外線対策や美白コスメを使って、夏の間一生懸命美白ケアに励むんでいた方も多いのでは? でも秋になってそれをやめてしまってはいませんか? 紫外線は一年中降り注いでいて、日焼けだけではなく、肌のハリや弾力に影響し肌ダメージを起こすもの。涼しくなってもケアを怠ってはだめなんです!



そこで、美白ケアをおろそかにし始める今この時期に、もう一度美白ケアの本来の意味を再確認して、夏だけにとらわれず365日美白ケアを行う方法をご紹介します!

美白=肌を白くすること! ではない


美白と聞くと、肌色を白くしたり、シミやそばかすを白くしたりするイメージを持っていませんか? しかし、化粧品自体にはそこまでの効果を求めることはできません。実際には美白ケアというのは「予防」のことなんです!

薬機法という化粧品や医療機器に関することを定めた法律では、美白とは「メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを予防する」と明記されています。つまり、一年中風邪をひかないように体作りをするのと同じように、美白ケアというのは肌をもとの肌色以上に白くすることやシミを漂白剤のようになくすことではなく、シミなどができないように予防するためのもの。そう考えると、夏の間だけでなく、一年を通して行っていくべきだと思いませんか?

美白は1日にしてならず


透明美白肌は、一長一短で手に入れられるものではありません。何度も言いますが、美白というのは予防のためのもの。紫外線も夏だけでなく1年中降り注いでいるので、特に顔には美白コスメを365日使うようにしましょう!

ただし、美白コスメは刺激が強いものが多いので、お肌が敏感な時は控えるように注意してくださいね!

美白コスメ選びのポイント



美白コスメといってもたくさんあって、選ぶのが大変! しかも「ホワイト○○」などと表示されていれば、美白に効きそう! と思いがち。でも、意外にも美白に効くコスメではないこともあるのです。そこで、美白コスメを選ぶ際のポイントをご紹介します。

薬用化粧品(医薬部外品)とパッケージに記載されているかどうか


美白に効果があると厚生労働省にお墨付きをもらっている成分があります。

例えば以下のような成分たちです。
・ビタミンC誘導体
・コウジ酸
・アルブチン
・m-トラネキサム酸

これらの美白有効成分が配合されている化粧品には「薬用化粧品(医薬部外品)」と記載ができるのです。
化粧品を買う時に成分表示を見ることはあまりないかもしれませんが、薬用化粧品(医薬部外品)の場合は一番初めに有効成分が表示されていて、そのあとにその他の成分が続く形で全成分表示が記載されています。これを機に、全成分表示を見てからコスメを購入してみるとどんな効果が期待できそうなコスメなのかチェックする判断材料になるかもしれませんよ♩

美容家直伝! 美肌に導くおすすめのコスメ


そんな私が美白のために365日使用しているコスメは『CLARINS(クラランス) ホワイト―プラス インテンシヴ ブライト セラム』。

『CLARINS(クラランス) ホワイト―プラス インテンシヴ ブライト セラム』
『CLARINS(クラランス) ホワイト―プラス インテンシヴ ブライト セラム』

ビタミンCが豊富なアセロラ配合で、シミ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制してくれるそう。さらっとしてみずみずしいテクスチャが肌にすーっとなじんでうるおいを与えてくれます!

クラランス(CLARINS)
¥8,208
≪医薬部外品≫シミ生成の指令メカニズムとアセロラの恵みに着目。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いで明るく澄んだ肌を目指す薬用美白美容液。みずみずしい感触が肌全体へ広がりぴったりと密着。高いうるおいが続きます。


お肌の状態によって使い分けよう!


その他、肌の状態によって使い分けているのがこちらの2つのアイテム!
美白系のコスメは肌がデリケートになっていると負担になることもあるので、そんな時に使っているコスメが『アトピーラボ 黄色の美容液』。

『アトピーラボ 黄色の美容液』
『アトピーラボ 黄色の美容液』

もともと敏感肌向けの化粧品を展開するブランドなので、この美容液も肌をいたわりながらケアが叶うのです。

次に、「今日は紫外線をたくさん浴びてしまったな……」という日に使っているコスメが『LANCOME(ランコム) ブラン エクスペール メラノライザー AI アドバンスト』。

『LANCOME(ランコム) ブラン エクスペール メラノライザー AI アドバンスト』
『LANCOME(ランコム) ブラン エクスペール メラノライザー AI アドバンスト』

美白ケアをしたい部分に合わせて、集中してケアできるのがポイント。少し高価ですが、ピンポイントで使うのでなかなか減らない。長期的にみるとコスパがいいですよ♡

ランコム(LANCOME)
¥11,800
包括的なホワイトニング作用のために、「肌の鎮静」、「色素沈着」、「炎症」の3つのポイントにアプローチ。また平坦なシミと盛り上がったシミのどちらのタイプにも効果を発揮します。みずみずしいフレッシュなテクスチャーは、肌にスピーディーに浸透し、輝きとなめらかさを導き出します。


美白は1日にしてならず。しっかり紫外線対策をして効く美白コスメを365日使用することで、透明美白肌に近づけます。毎日コツコツ地道なスキンケアをして、透明美白肌を手に入れましょう♡
(濱田文恵)

EDITOR

濱田文恵
自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数持つ美の探究者

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡