知的メイクが旬 パープルシャドウでドキッとさせる秋のデートメイク♡

この秋はかわいいだけじゃない知的なメイクが旬! パープルシャドウを使って大人な目元に仕上げていきましょう。アイメイクの詳細をレクチャーしていきます♡

今回のメインアイテムはこちら!


メインで使うのはこちらの2つ! 『ETVOS(エトヴォス) ミネラルアイカラーパレット』と『CANMAKE(キャンメイク) ジェルラインアーティスト』です。

メインアイテム2種
メインアイテム2種

エトヴォスのアイカラーはミネラルでできているので、乾燥を感じにくく、せっけんで落とせるのが魅力。まぶたはとてもデリケートな部分なので、肌に優しいのはうれしいですよね♡ 
私が使用したのは2016A/Wの「クラシカルボルドー」です。

アイラインは目元に柔らかな印象を与えてくれるブラウンにするのがポイント! パープル×ブラックにいきなり挑戦すると、何だか違和感のあるメイクになってしまうので注意しましょう。



キャンメイクのジェルラインアーティストは550円というプチプラながら、芯の柔らかさが丁度よく滑らかにラインを引けます! ぼかさなくても自然な仕上がりになりますよ。



ペンシルだとうまく引けないという方は、リキッドを使用してみましょう。これなら細いラインも楽に描けます。



この秋おすすめ! パープルメイクのやり方


パープルメイクを始めていきましょう! パレットの内容は、ピンクがかったホワイト、ライトブラウン、ダークブラウン、パープルの4色です。

エトヴォスのミネラルアイカラーパレット
エトヴォスのミネラルアイカラーパレット

比較的薄づきで、チップにとって2度重ね塗りするとこのくらいの色合いになります。パープル以外はツヤと輝きのある質感。目元を華やかにしてくれます。

カラー比較
カラー比較

1.ベースを作る


知的メイクが旬 パープルシャドウでドキッとさせる秋のデートメイク♡の10枚目の画像

まずは2番をまぶた全体に指でラフにのせていきます。立体感を出すために1番を黒目の真上にさっとのせればベースは完成です。

2.パープルをのせる


知的メイクが旬 パープルシャドウでドキッとさせる秋のデートメイク♡の7枚目の画像

4番を二重幅より少し広めに指でのせます。こめかみに向かって、目の幅より広くのせていきましょう。

3.アイラインを引く


知的メイクが旬 パープルシャドウでドキッとさせる秋のデートメイク♡の8枚目の画像

ブラウンのアイライナーでラインを引いていきます。シャドウを広めにのせた分、ラインは短めにしてバランスをとります。角度をつけずスッと流すようにひきましょう。

4.目の下メイク


完成!
完成!

目尻から1/3ほどにカラーをいれて、少しだけたれ目に。パープルの主張が激しくなりすぎないように、3番と4番を重ねづけしましょう。

黒目の下には1番をチップでのせ、涙袋を強調します。下まつげにもブラックマスカラをすれば完成です♡

パープルシャドウにはレッドリップがおすすめ!


品のあるレディな目元には、洗練されたレッドリップを合わせましょう。今回はシャネルのルージュとグロスを使用してみました。グロスだけにすると落ち着いた雰囲気にまとまります。

これならオフィスシーンでも浮かないメイクになりますね。

グロスのみ
グロスのみ

ルージュをしっかり塗ると大人な魅力がアップ。夜だけカラーをプラスして雰囲気をガラリと変えてみても良いですね♡ 夜のデートにも最適です。

レッドリップ+グロス
レッドリップ+グロス

おすすめアイテム





パープルシャドウで品のある女を目指そう♡


知的メイクが旬 パープルシャドウでドキッとさせる秋のデートメイク♡の3枚目の画像

この秋はパープルシャドウを使って、品のある大人な顔を目指してみませんか? いつもとは違う知的な雰囲気に、彼も思わずドキッとしてしまうかも♡

こんなアイテムもおすすめ!


今回使ったETVOSのシャドウ以外にもおすすめのパープルシャドウはこんな感じ♩
今年っぽい雰囲気を出したいのなら、赤みの強いパープルを選んでみて。秋っぽい深みのある目元になります。




コツを覚えれば誰でも簡単にできるメイクです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。
(鴨下ゆかり)
1

EDITOR

鴨下ゆかり
メキシコで駐在妻になったことをきっかけにWEBライターに。現在、さまざまなWEBメディアで記事を執筆している。ヨガインストラクター(RYT200)としても活動中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事