疲れた時に試したいヨガのポーズ 心も体もリラックス♡【静加YOGA】


今回は、ヨガでよく知られている「太陽礼拝」の最初の部分に挑戦して行こうと思います。

太陽礼拝にはいろいろな効果がありますが、疲れや凝りを癒やしたり、気持ちを安定させたい人におすすめです。ハードに行うのではなく、ゆっくり1つ1つポーズをとって、深い呼吸を意識していきますしょう♪ ビーチヨガやパークヨガ、お家でも陽が当たる時には光を入れながら気持ちよく行ってみてくださいね!

体も心もリラックスするヨガのポーズ♡ ~太陽礼拝の最初の部分~


(1)足の人差し指を正面に、かかとの間に隙間を少し作り、両足をそろえて真っ直ぐ立ちます

正面
正面

横

足の隙間はチャックを下から上へ閉じるようにお尻までしめましょう。両手のひらは太ももへ、指先は下に向けます。

(2)肩の高さは変えず、息を吸いながら指先が遠くを通るように手を上へ持ち上げます

正面
正面


(3)指先と目線を空へ。5回呼吸を行います

正面
正面

横


(4)息を吐きながら上半身を倒し、指先が遠くを通るように手を下に降ろします

正面
正面

横


(5)深い前屈から膝を曲げてお腹と太ももをぴたっとくっつけ、この状態で伸ばせるところまで膝を伸ばします。そして、足の後ろ側の伸びを感じながら5回呼吸します

正面
正面

横


(6)息を吸いながら上半身を半分持ち上げます。背中は真っ直ぐに、膝を伸ばしてつま先の方に体重をかけ、目線は斜め前へ

正面
正面

横

無理のない場所でキープして、5回呼吸します。

(7)息を吐きながらもう一度深い前屈へ。5回呼吸を行います

正面
正面

横


(8)息を吸いながら、指先が遠くを通るように手を上へ持ち上げ、体を起こしていきます

正面
正面


(9)お尻をきゅっとしめながら、肩をあげすぎないように注意して、指先と目線を空へ。5回呼吸を行います

正面
正面

横


(10)息を吐きながら、指先が遠くを通るように手を降ろし、最初の姿勢に戻します

正面
正面

横


太陽礼拝のコツは、ポーズとポーズをゆっくりつなげながら行なっていくこと。最初はゆっくりと深い呼吸をしながら、キープすることを心がけましょう。まずは5呼吸ずつ入れながら、慣れてきたら3呼吸、もっと慣れてきたら1呼吸1動作で行ってみてくださいね!

EDITOR

武田静加
20歳の頃から雑誌「Happie nuts」専属モデルとして活躍。現在モデル業の傍ら、ヨガインストラクターとしても精力的に活動中

関連記事

今、あなたにオススメ