秋冬こそダイエットシーズン 下半身太り解消のヨガポーズで痩せ♡

涼しい季節になりましたね! 「夏は汗をかくし夏バテすれば痩せやすいシーズンだったけど、秋は代謝がおちて太りそう……」なんて思っている方はいませんか? 



夏よりも秋冬の方が代謝が上がりやすい?


意外かもしれませんが、実は秋冬は夏に比べて代謝があがりやすいと言われているんです! それは、人は気温が下がると体温を一定に保とうと代謝が高まるから。しかし残念なことに、そのエネルギー源を確保するために体は栄養を溜め込みやすくなります。せっかく代謝が高まるのに栄養を溜め込みやすくなるなんて、悲しいですが人の体はとてもよくできていますね。

加えて、女性は男性に比べてどうしても筋肉の量が少なく運動不足になりがちなため、下半身が太りやすい傾向があります。もしも運動をしているのにも関わらず下半身が痩せにくいなと感じる方がいるなら、もしかしたら股関節周りが固くなってしまって、リンパの流れが滞ってしまっているのかも!?

基本は下半身を冷やさない! こまめに温めよう



秋になると気温が下がり、特にスカートやワンピースを着るとどうしても足が冷えやすいですが、引き締める基本は温めることです。血流が悪くなり体が冷えると、老廃物も滞り足がむくみやすくなります。むくみが取れるだけでスッキリした印象になるので、なるべく冷やさないようにしましょう。特にパンプスなどでおしゃれした日は、かならず温めるようにしてくださいね!

第二の心臓のふくらはぎを温めよう


体の中で一番冷えやすい部分は“ふくらはぎ”。ふくらはぎは第二の心臓と言われていて、下に滞っている血液を心臓にまで送り返すための大切なポンプの役割をしています。ひとたび、ふくらはぎは冷えると筋肉や血液が縮こまってしまうため、ポンプの働きが低下します。すると古い血液を送り返せなくなり、さらに冷えて悪循環的にふくらはぎがむくんでしまうのです。


そこで、寒くなる時期におすすめなのが、レッグウォーマーを履くこと。太ももよりもふくらはぎを温めることで、血液の流れがよくなり冷えの大きな改善につながるんですよ!

こんなアイテムがおすすめ


靴下屋
¥1,728
果物や花の天然染料と最新の化学染料を結合させたメランジ調のオーガニックコットンを使用しています。 自然のやさしいカラーリングなので、お部屋でのリラックスタイムにもおすすめです。

EDITOR

品川裕花理
ヨガインストラクター/一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後にヨガインストラクターに。心と身体を整える事が大好き。美は一日にしてならずがモットー

関連記事

今、あなたにオススメ