さりげない"好き"のサインを見逃さないで♡ 奥手男子との向き合い方

奥手女子が“好きのサイン”を発するのが苦手なのとおなじように、奥手男子も“好きのサイン”を発するのが苦手です。でも、そんな奥手男子でも、実はさりげなくあなたに脈ありサインを送っていることもあるんです。それはどんなサインなのか、さっそく見ていきましょう♡

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS


1. どんなLINEにもすぐ返事をしてくれる


奥手な男子って自分が主体的に起こしたアクションが彼女の不評を買うことを恐れていたりします。だからあまり自分からLINEしないことも。

では、自分からLINEしないでどうやって好きな人に好きと伝えるのか? それは“相手がやったことに乗っかる”のです。
自分からアプローチするのは苦手だけど、女性がつくってくれたきっかけにはしっかりつかまる。
女子は勇気を出してLINEを送っているのになんだかずるい……と思ってしまうかもしれませんが、あなたが送ったLINEにすぐ返信がきたら、それは奥手男子からの精一杯の“好きのサイン”と気づいてあげましょう♡

奥手男子には自分から積極行動あるのみ!


「好きかも?」なふたりがお互いに遠慮しあって、どちらからもLINEを送らないことの方がよくないことではないでしょうか。あるいは「LINEが来ない=脈なし」とお互いに勘違いして、なにもしないことが、もっと悪い結果につながります?

「こんなに頻繁にLINEを送ったら、彼に嫌われるかも」とか「こんな内容のLINEを送ったらドン引きされるかな」なんて杞憂です。“送りすぎ”に気をつけてどんどん彼に送ってみては? 奥手男子は“リアクション専門”なので、送らないと、そもそも話が始まりません!

2. 恥ずかしそうに目をそらす



これは奥手男子の典型的な特徴でしょう。彼の、あなたから恥ずかしそうに目をそらすという行動を見逃していませんか?

好きな女子から目をそらさないでじっと見つめるのも男らしくて素敵ですが、奥手な彼に見つめてもらうのは、付き合ってからのお楽しみとして取っておきましょう♡
まずは彼の“好きのサイン”を見逃さないように!

3. いつまでも次のデートの約束をしない


脈ありかも ?と感じたら、次のデートの話をあなたは待ちわびるでしょう。「彼、次のデートのこと話さないかな」と。でも、奥手男子は奥手ゆえ、次のデートの話を切り出すことができません。いつまで待っても次のデートの話が出てこない!

しかし、次のデートの話がない=脈なしと、ガッカリしちゃだめ! 奥手男子って本当に臆病だから、「誘って断られたらどうしよう……」と言うに言えないのです。
もし奥手だとしてもその彼とさらに一歩先に進みたいのであれば、あなたから「次のデート、あのパンケーキ屋さんに行かない?」とか、「次、来週の金曜日に会わない?」などと誘ってあげるのも手♡



奥手男子の「脈ありサイン」って、なにかを「する」のではなく、なにかを「しない」ことでサインとしている、という本当に見破りづらいものだったりします。目を合わせないとか、次のデートの約束をしないとか。彼が奥手な分、あなたから積極的にアクションを起こしてみてはいかがでしょうか♡
(ひとみしょう/studio woofoo)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡