彼の前で自分を出せない 遠慮した関係から一歩前に進むために心がけたいこと

好きな人の前だとどうしても自分の素を出せないという女子も多いですよね。あまり自己主張せず、いわば「万人ウケ」するじぶんを演出する。それに食いついてくる男子もいると思います。でも、自分を出せずいつまでも彼の前で「おとなしそうな女子」でいるとマイナスにつながることも。
今回はそうした失敗例と改善法について、一緒に見ていきましょう。



1.彼がどうしていいかわからなくなる


「彼女はぼくに対して、妙に遠慮している感じがするので、どうしてあげたらいいのか、まったくわからなかった」。こう言っていた男子がいます。
彼女にしてみれば、じぶんのカラーを彼にぶつけてしまうと嫌われてしまうかもしれないという不安があって、おとなしそうにしていたのかもしれません。でも、彼はそうは捉えないケースもあります。

自分のマイナス面を小出しにしてみよう



人って、じぶんで「わたしのこういう性格ってダサイなあ」と思うところから順番に出していくと、相手と仲良くなりやすいみたいです。
たとえ彼がかっこよくて隙のない感じがしたとしても、そういう彼も「ダサイ部分」を持っています。そしてそういうところをうまく隠しつつ、彼女に会う時期だってあります。当然、息が詰ってしまいますよね。そうならないためにダサイところから順番に彼に見せると、妙な遠慮がなくなります。
言い換えると「人ってみんな、どこかしらヘン」だということ。あなたもちょっと変わっているし、わたしもちょっと変わっている。こういう共感が、強い人間関係を生むのです。

2. 「楽しくないの?」と思われて終わってしまう


おとなしそうな女子って、簡単に言えば、感情の表現が少ない女子のことです。彼はあなたの反応をひとつずつ確認しながら、愛を(信頼関係を)築こうとしています。そういう彼に対して、あなたのリアクションが薄ければ、彼は当然「この子、おれのこと、好きじゃないのかな? おれとデートしてても楽しくないのかな?」と思ってしまいますよね。

やりたいことを「やりたい」と言うようにする


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ