告白以外で「ただの男友達から恋人に」発展するきっかけを作る方法

告白に関する悩みを抱える方は非常に多いのですが、告白せずに付き合っている人も、同じくらい多いもの。今回は、告白以外で「男友達から恋人に」発展するきっかけについて、一緒に見ていこうと思います。



1. 二人でいる機会をたくさん作ろう


恋愛上手な女子は、狙いを定めた男子と一緒にいる機会を、できるだけ多く作っています。たとえばひとりでどこかに出かけるときに、彼にLINEして「暇なら一緒に行こうよ」と誘う、というようなことをして、「機会」を作っています。
これを「あざとい」と見るか「遊び上手」と見るかは、あなたの価値観しだいですが、「遊び上手」と見たほうが、あなたにとって得るメリットが大きいのでは?

きっと遊び心が必要になってきます


つねに一緒にいる男女が、なんとなくなし崩し的に付き合うようになった、というのは、とても自然な流れですよね。そこにはきっと遊び心が必要になってきます。
真剣に遊ぶ、ということ。つまりおなじことをやるにしても「どうすれば楽しくできるか」を考えること。
こういう考えって、恋愛に限らず、すべてにおいて大事です。なぜなら人生はそもそも、あなたを楽しませるようにはできていないから。楽しくしたいのなら、じぶんで知恵を絞って、24時間をじぶんで楽しくデザインする必要があるからです。

2. イメチェンしてみよう



付き合うきっかけって、なんでもないことだったりします。たとえば「ある日突然、彼女がバッサリと髪を切ってイメチェンした。そういう彼女に惚れた」というだけのことだったりします。

時間の流れに「印(しるし)」をつけてあげる


友達関係が長い彼の場合、このイメチェンはかなり有効ではないかと思います。友達関係が長い、ということは、おそらく、わりとフラットな関係が続いているということでしょう。フラットというのは、わりと変化に乏しい時間の羅列、ということ。
そういうなんの変哲もないように見える時間の流れに「印(しるし)」をつけてあげるのがイメチェンです。
彼はイメチェンしたあなたに「おっ!」と思います。サプライズを与えることで、彼の恋心を「起こす」。これってすごく大事。

3. 共通の友達が背中を押してくれる


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

これは定番かもしれませんね。友達に「二人はお似合いだから、付き合っちゃえばいいのに」と言われて付き合ったカップル……ありがちなパターンです。

いろんな人に対して平等に、親切心で!


共通の「信用のおける」友達を、何人か作っておくことです。友達って、そうそう簡単にできるものではないし、ましてや信頼のおける友達ができるなんて、有り難い(あるのがむずかしい)ことです。
でも、そういう友達をがんばって作るのです。あなたが心を開くと、いい友達ができます。友達って、垣根なくいろんなことを話せる相手のことでしょ? まずはあなたが相手に対して心を開けば、相手も心を開いてくれます。心を開いても「ちょっとした友達」にしかなれないことだってあります。でも、いろんな人に対して平等に、親切心でもって心を開き続けると、少しずつ友達って増えてきます。

いかがでしょうか。
告白について悩んでいる人、たとえば「告白って、どうすればいいのですか」とか「告白されるには、どんなじぶん磨きをすればいいのですか?」という恋愛相談をしてくる人って、心がカタくなっています。「告白=清水ジャンプ」みたいに考えているからか、心がとてもカタくなっています。
そういうときは遊ぶことを考えてみるのです。次の週末を、最高に楽しく遊ぶにはどうすればいいのかを考えてみるのです。
すると「やっぱりあの男友達と一緒にすごしたい」と思えてくるかもしれません。週末に髪を切ってイメチェンして、月曜日彼に会おう、と思えてくるかもしれません。
そうやって少しずつ「楽しいこと」をじぶんで作るのです。じぶんでじぶんを楽しませていたら、そういう気持ちが男友達にも伝わります。二人で楽しくなると、自然の流れで付き合えるようになる、というのは、恋愛の真実です。
(ひとみしょう/studio woofoo)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡