信用しすぎるとロクなことにならない男子のセリフTOP3

今回は、彼のことがいかに好きであっても、信用しすぎるとロクな結果にならない男子のセリフについて、一緒に見ていこうと思います。

1. 「絶対に何もしないから」



「絶対何もしないから」としつこく言い張って、彼女を自分の部屋に泊めた彼……。深夜、寝ているあなたのおっぱいに彼の手が……なんてことを経験したことのある女子もいるのでは?

「絶対に何もしないから」=「絶対に何かするから」と捉えるべし


男子が言う「絶対に何もしないから」というのは、「絶対に何かするから」というのと同義です。でもだからといって「男ってスケベなだけでサイテー」と思うのも、短絡的と言えば短絡的。

若いころって、エッチなことをすごく大真面目に考えすぎる傾向があります。人類みなエロいのだから、もし“そういうこと”が起こっても、それはそれで仕方がない。こう思えるって、本当はすごく大切なことです。
なにも「身持ちがカタくない女子になりましょう」ということではありません。「そういうことが起こる」というのは、恋愛における折り込み済事項なわけです。だから「そういうことが起こっても、まあいいだろう」と思える男子の部屋にだけ泊まりにいくというのがマナーです。

2. 「実は彼女と上手くいっていないんだ……」


女子だって、「最近、彼氏と上手くいっていないんだ……」と気になる男子に言いますよね? こういう軽い(?)恋愛相談から入って、徐々に彼との距離を詰めて、付き合えるようになるというのって、女子からすれば一般的なのかもしれませんね。でも男子の中には、この言葉を悪用する人もいます。

つまり女子に対して、「『彼女がいない』と言ってしまうと、モテない男だと思われてしまうかもしれない。それは得策ではない」と男子はまず考えます。さらに、「『彼女と上手くいっていない』と言うと、『彼女と別れたいってこと? ということは、私は彼の本命の彼女の座に座ることができるかもしれない』と淡い期待を寄せてくる女子がいる」ことを男子は知っています。

ではどうすれば?



EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ