秋でも馴染むピンクメイクのコツ♡ 季節感を出すプロ流テクニック!

ピンクだけでフルメイクをしちゃうとどうしても春・夏っぽい仕上がりになってしまう気がしませんか? そんな時は、ピンクメイクにワンポイントでパープルを入れてあげるとちゃんと季節感のあるピンクメイクになるんです♡ 

今回は秋でも馴染むピンクメイクのコツを佐々木一憲さんがササっと解説!

秋でも使えるピンクメイクプロセス♡


衣装提供:Dholic
衣装提供:Dholic

アイメイク


衣装提供:Dholic
衣装提供:Dholic

(1)二重幅にピンクをぼかしてのせる


『オンリーミネラル ミネラルピングメント イノセントローズ』をのせて上にぼかしていきます。きれいなピンク色のアイシャドウで軽い質感と発色の良さがおすすめです。

オンリーミネラル(ONLY MINERALS)
¥1,944
天然石のように光の角度で無限の表情をみせる、ミネラル100%のカラーパウダー。


アイシャドウを塗る時のコツは二重よりちょっと広めにグラデーションさせること! 二重より少し広くのせることでラインっぽさをだします。

ただ、そこでぼかさずにのせてしまうとパキっとしすぎるので必ず指などでぼかすようにしてくださいね。アイシャドウを馴染ませたらアイラインをON。

(2)下まぶた全体にもピンクをON


あまり広がらないように細めにカラーをいれていきます。そもそも細いブラシを使うか、細い筆がない方は綿棒などで代用してもOK!

(3)目頭にパープルのアイシャドウを


目頭に締め色としてパープルを入れることで、深みのある秋らしい目元が完成します! 

パープルシャドウはパール入りで色が濃すぎないものを選ぶのがおすすめ。「パープルのカラーを塗る」というよりはパープルに光るパールシャドウをササっとおいてあげるというようなさりげなさが重要♡

チーク


チークは、リキッドファンデーションを塗った後、指で頬の中心にポンポンのせます。あまり濃く発色させなくてOK。血色感をプラスする程度に。

EDITOR

佐々木一憲
Hair & Make up TV・雑誌・ファッションショーなどで数々のタレント、モデル、アーティストのヘアメイクを担当している

関連記事

今、あなたにオススメ