ふわもこかわいい♡ 身近な材料で簡単に作れるリボンファーシュシュをDIY

冬休みまであと少し♡ お出かけするのがワクワクする季節になりました引き続きファー小物はトレンドのようで色んなお店でファーアイテムが出ていますね! 今回は、誰ともかぶらないオリジナルのファーシュシュの作り方を紹介したいと思います。

思わずキュン! リボンファーシュシュの作り方





用意するもの





・ファー生地
・針
・糸
・リボン
・ゴム通し

今回の材料は全て手芸用品店で購入しました。リボンの色は好きな色を選んで個性を出しましょう♡

おすすめの材料



・ファー生地
okadaya
¥3,670
光沢があり、ビビットな色展開で艶やかな印象のフェイクファーシリーズです。合わせ目の毛は、針などで掘り起こします。また生地をカットされる際は、毛の間にハサミを入れ毛の間のグランド生地をカットして頂くと毛が落ちにくいです。ミシン針/14号 ミシン糸/60番 がおすすめです。※必ず詳細画像の取り扱い表記をご確認下さいませ。多少、毛が抜ける場合がございます。予めご承知下さいませ。

手作り工房 MY mama
¥580
手触りがふわふわで気持ちいいファーテープが 入荷しました! 毛の長さも15mmとボリュームもございます。お好きな長さにカットして付けるだけお使い頂ける初心者にも 嬉しいフェイクファーです。

・リボン
ノーブランド品
¥460
概要: 美しいリボンギフト包装、結婚式の好意、毛の弓作り、スクラップブッキングや他のDIYのプロジェクトのために大きいです素材:リボンカラー:24の異なる色(異なるバッチで若干の違いがある可能性があります) サイズ(L x W):約。 1ヤードx 6mm パッケージは以下を含みます: 48PCSのリボン 注:照明効果にと\モニターの明るさ/コントラストの設定をなど、Webサイトの\の色調の写真と実際の商品が若干異なる場合があります。


ファーシュシュの作り方



1.生地を裏返し、筒状になるように縫っていく



かがり縫いで縫い進めていきます。生地を裏返すことで、完成した時に縫い目がおもてに響いてしまうのを防ぎます。この時、ファーを巻き込んで縫ってしまわないように気をつけて縫うのがポイントです♡



端まで縫い合わせるとこのような状態になります。今回はわかりやすいように赤い糸を使用していますが、白い糸で縫うと縫い目が目立ちません。


2.裏返してファーの面を表に出す



ファー生地は伸びない素材なので少しやりにくく感じるかもしれませんが、心配ありません。根気よくひっくり返していきましょう。

3.ファーの筒の中にゴムを通す



ゴム通しを使ってゴムを通します。ゴムを結んでからカットし、長さを調整するので結ぶまでゴムはカットしません。

4.ゴムを結ぶ



ファー生地よりやや短めにゴムを結びます。短めに結ぶことで、シュシュっぽいクシュクシュ感が出てかわいくなります♡

5.ゴムの結び目にリボンを結ぶ



好きな色のリボンを結んで完成です! サテンで女の子らしく、ベロアで今年っぽく、などバリエーションを出してもかわいいですね♡



思わず守りたくなる女の子に♡ ふわふわのシュシュは髪につけても、手首につけてもかわいですね! デートやイベントにあわせてオリジナルのファーシュシュで今年の冬はプリンセス気分になりましょう♡ オリジナルのDIYを楽しんでください♡

12月9日発売開始のローリエプレス書籍『かわいすぎてツラい』にはこのようなハンドメイドネタも多数登場♡ 
もっと詳しくチェックしたい方はぜひ本書をチェックしてみてね♡
Amazonにて好評予約中です♡


(Nana Numoto)

ハンドメイド好きは要CHECK! おすすめアプリ(sponsored)


LIMIA (リミア)は、DIY・ハンドメイド・インテリア・グルメ・リフォームなど、暮らし情報が毎日集まる住まいプラットフォームです。 誰でも暮らしのアイデアを投稿することができ、100均のお買い得情報からレシピまで、住まいのアイデアが満載です。ぜひインストールしてみて下さい。
インストールはこちら
LIMIA [PR]
1

EDITOR

Nana Numoto
フリーライター / 映像制作。ファッションと映画とハワイが好きです。ファション・旅行・撮影テクなど女の子の知りたいことに手の届く記事を目指しています♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事