“媚びない女の子”の魅力 女子のあこがれハナエちゃんに聞く自分磨きの秘訣

キュート&セクシーなルックスと、強い意志を感じさせる世界観が魅力の歌手・ハナエちゃん。甘い声で歌いこなすポップな曲はライブでも盛り上がり、男女ともに熱狂的なファンを集めています♪
また、ガーリーな中にエッジの効いた個性派ファッションもハナエちゃんらしさ♡ 音楽、言葉、ファッションなどさまざまな角度から表現活動を展開しているハナエちゃんに、今回はローリエプレスがインタビュー! 恋愛観やコンプレックスとの向き合い方、また制作中のミニアルバム&詩集のことまで、たっぷりお話を伺いました♡



好きになったら盲目タイプ 好きな人のために全力♡


まずは気になる恋愛のお話から。23歳ながら、堂々とした意志の強さと美意識を感じさせるハナエちゃんは、自分の独自の“モテ観”を持っていそう!

「モテに正解はないと思うけど、私が思う“モテ”というのは、たくさんの異性から好かれるとか、恋人が途絶えずポンポンできるとかじゃなくて、好きになってくれた人を幸せにできないとモテじゃないなって思う。小手先のテクニックで好きになられても、その先が空っぽだったら飽きられちゃうと思うから……」

「プライベートでは狭く深い関係が好き」と話してくれたハナエちゃん。その場その場で遊んで楽しいというより、ちゃんと相手を知りたいし知って欲しいと思うのだそう。
「そうなると誠実でいるしか道はないから、私はマジメ!(笑)」とおちゃめな笑顔で語ってくれました。

今までの印象深い恋愛について聞くと「『今の恋が一番!』って言えなかったら、恋愛している意味がないと思う!」ときっぱり。

「付き合っていないけどめっちゃ甘酸っぱくて記憶に残ってる恋とかっていうのもあると思うけど、その中でも今が一番鮮烈じゃないと私は嫌だな。失敗エピソードについては私の『ラストティーン』という曲の歌詞を読んでください(笑)」

「俺のこと好きでしょ?」って言われがち!?




――ハナエちゃんって、好きな人ができたらどうなるの?

「この人が私のことを知ってくれなくても、私は今のまま何も変わらず100%この人のことが好きだな、っていう関係が尊いと思っていて、それを憧れとして恋愛にも求めちゃう。だけど、それって恋愛じゃないなって、今ちょっと悩んでる感じ(笑)。私は好きな人のことはとにかく知りたくて調べちゃう。その人のSNSとかブログとかをチェックして、好きな本とか映画とかは片っ端からリストアップして見聞きするみたいな。やらずにはいられなくて、それが相手にも見えちゃう。でもそれって、されて嫌な人ってあんまりいないんじゃないかな。私もファンの子とかにされてうれしいし!」

いつも全力投球なハナエちゃん。一部の考え方からすると「非モテ」っぽいかも…と語ってくれましたが、「私の好きな人は特別!最高!」と思うときに幸せを感じる、「恋は盲目」タイプだそう♡

「今はこの人が好きだけど、他にもいっぱい好きな人がいるとか、今付き合ってる子がダメなら次はこの子にいこう! くらいの感じの恋愛って、私は美しくないと思うから」

写真:SUITE IMAGE
写真:SUITE IMAGE

――でも、そういう恋多きタイプに見られがちじゃない?

「どうなんだろうね~。でも、“ハナエちゃん、俺のこと好きでしょ?”みたいなこと言われることはすごいある!笑 恋愛とかじゃなくて、面白い人だなとか、人間として好きだな、興味あるなって人に」

――えっ!! なんでそう思われるんだろう?
1
2
3
4

EDITOR

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事