付き合っていてもつまらない彼女って? ずっと好きでいてもらうために気を付けること

女の子から見て、付き合っていてもつまらないなと感じる男子がいるように、男子にだって付き合ってもつまらない女子がいます。それはいったいどのような女子なのでしょうか? 一緒に見ていきましょう!



1. いつでも「好きなようにやっていいよ」と言う


彼のことが好きすぎるとか、彼に嫌われたくないから自分の好みを言えない、というような場合は、つい彼に「好きにしていいよ」なんて言っちゃいますよね? 本当はハンバーグが食べたいのに、それを隠して「何でもいいから食べたいものを食べに行こうよ」なんて言っちゃう彼女とか。

最初はいいかもしれないけど……


最初のうちは、彼は「好みを尊重してくれているんだ、ありがたいな」と思うかもしれませんが、そのうち「少しくらいどうしたいかを言ってくれないと、どうすればいいのかわからない」と感じるようになっていきます。
「全部自分の思い通りにしたい」と思っている男子って少なくて、カップルならお互いに「あれがしたい」「これは嫌だ」というやりとりがないと、だんだんマンネリ化してしまいます。
お互いに相手のカラーやその人らしさを知ることでより楽しい関係を築けるのです。

2. 話が曖昧すぎる



仕事の話をするときって、具体的に聞かされないとよく分からないですよね。仕事の話に限らずどんな話題でも漠然としすぎていると、うまくイメージできなくてつまらないと感じてしまったり……。話す相手にディテールが伝わるように話すことが大切です。
相手にきちんと伝わるように話すことってセンスが必要だったりします。センスがない! という女の子は逆に彼のほうから具体的な話を引き出せるよう努力してみては?
上手に話せないのなら「聞く力」を身につけましょう。

3. つまらないと思っているのを隠す


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

「彼の趣味に付き合わされたけど、本当につまらなかった」と思っている女の子って割といます。でも、この「つまらなく感じている」というのを隠すから、彼も彼でつまらない彼女だな、と思ってしまうんです。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ