秋冬こそ明るいカラーアイテムで元気に♡配色コーデ術【イラスト】

こんにちは、ファッションイラストレーターのいわたまいです。この連載では、毎回ランダムなテーマで洋服の着こなし方や選び方などをご紹介していきます!

Vol.37となる今回は「配色コーデ」がテーマです。本格的に寒くなってくると、気分も沈みがちに……。そんな日には思い切ってカラーを2色使ったコーデに挑戦してみては?

PURPLE×GREENでレトロなコーディネート


PURPLE×GREEN
PURPLE×GREEN

COLOR SCHEME=色の配色、色の組み合わせ。まずはどちらも寒色系のパープルとグリーンを取り入れたコーデです♪

配色コーデはレトロな70'sファッションっぽくなるところもすてき♡ トップスのパープルは袖コンシャスなニットやカーデにすればただレトロなだけでなく今年らしく着こなせるので安心! 

スモーキーなパープルは大人っぽくて◎。でも今年は発色の良いパープルピンクも、デニムとの相性も良くておすすめです。

異素材ミックスでバランスよく!


アイテムの素材感を替えるのも、色だけでなく視線が散るのでバランスが良くなります! 例えばトップスはモケモケしたニットでボトムはコーデュロイ、トップスがふわふわニットならボトムはザラっとしたフェイクスエードなど……♪





合わせる小物はブラックで統一するなど、全体がうるさくならないように気をつかって。




BLUE×ORANGEの鮮やかコーディネート


BLUE×ORANGE
BLUE×ORANGE

色の組み合わせとしては難しいとされる“補色”コーデ。でも、正反対のカラーだからこそお互いの色が映える! 引き立つ! ということも♡

また、色の分量が多くなるアウターにブルーをもってきたら、合わせるオレンジは少なくする! など配分でバランスを考えると、オレンジが差し色になるので補色コーデといえどとっても簡単♪






ボトムや小物はベーシックなカラーが◎


さらに、ボトムや小物をベーシックでニュートラルなカラーにするとまとまりが良くなります。

個性的に見えがちな補色コーデも、流行のグレンチェックなどをプラスすればしっかりトレンドをおさえたスタイルに♡




寒くていつもの調子が出ないな〜なんだかみんなダークカラーのコーデばっかりだな〜なんて日は、元気の出るカラーアイテム(しかも2色!)を身にまとってみては?

ご参考になればうれしいです♡
(いわたまい)

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきファッション・コーデ記事5選♡