体を温めて、寒い朝でもすっきり目覚める簡単眠気覚ましの方法

朝や晩が冷えるようになりました。特に朝は温かいベッドから起き上がりたくない季節になってきましたね。今回はなるべくすっきり体をおこせるように、眠気をさまして元気な状態になる方法をご紹介します。寒い朝必見のポーズと呼吸法です♡


寒いと体が縮こまり呼吸も浅くなりがち。朝一番にベッドの中で試せるポーズと呼吸法で、体がぽかぽかして頭もすっきりしていきましょう。

最小限のストレッチで体を目覚めさせよう


目が覚めてもぼーっと眠たい体を起こすには「脳に酸素を送ってあげる事」と「脳に適切な刺激を与えて頭を起こす事」が重要。

目覚めを良くするストレッチ方法


まずは体を無理なく動かしていきましょう。ベッドで仰向けの姿勢で行います。

(1)両手を数回グーパーする
(2)足首を左右にパタンパタンと倒す
(3)頭を左右にゆっくりと大きく振る
(4)両手を頭の上で組んでウーーンと大きく体を引っぱり伸びをします。伸びたら、手足の力を抜いて大きく息を吐きます

慣れたら1~3は同時に行いましょう。

レッグウォーマーでふくらはぎを温めよう


いきなり体を伸ばすと足がつるなと思った方はいますか? それはズバリ「冷え」のせい。寝起きに、足がつる「こむら返り」が起きる大きな原因は「ふくらはぎの血行不良」なんです。

下半身の冷えにおすすめなのがレッグウォーマー。靴下を履くという人もいますが、足先が締め付けられて、かえって暑くなって脱いでしまう事もあるので、開放感のあるレッグウォーマーの方が良いです。

sleepdays リカバリーレッグフィット
sleepdays リカバリーレッグフィット

このレッグウォーマーは、特許を取得している特別な繊維なので、普通のレッグウォーマーとは違い、体から発する熱などによく反応して血管を拡張、血流を促進してくれます。着圧よりも、血流を促進させるのでむくみや冷えにピッタリ。

足が冷えていると寝付きがわるくなります。寝付きが悪くなると当然、寝起きも悪くなりますよね。足が冷えて眠れない方や、寝起きに足がつりやすい方はぜひふくらはぎを温めてみてください。

腹式呼吸で体ぽかぽかウエストすっきり



EDITOR

品川裕花理
ヨガインストラクター/一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後にヨガインストラクターに。心と身体を整える事が大好き。美は一日にしてならずがモットー

関連記事

今、あなたにオススメ