彼の本命彼女になれる女子と、なれない女子の違いって?

あなたは気になる彼の本命候補になれていますか? 相手の男性に気に入られよう、好かれようとしてしまうことで、かえって本命候補から外されてしまうこともあります。本命彼女になりたくて、あなたは彼に媚びを売ってませんか? 今回は、彼の本命候補にしてもらうためにやってはイケナイことを伝授しましょう!

1. 彼から来たLINEに、即レスするのはダメ



・「たいした用じゃなくとも、好きな人から来たLINEには必ず返します。それが朝だろうが、夜中だろうが対応します。自分が疲れて寝ていたとしても返信しちゃうし、電話がくれば出ちゃうし……。彼の仕事の愚痴や上司への不満なんかも聞いてあげてます。でもコレって、彼も私と話しがしたくて遅い時間でも連絡してくるんですよね?」(25歳女性/ショップ店員)

「マメな子だな~」とは評価されない!


これが仕事のメールや連絡ならば、レスポンスがいいことに越したことはないでしょう。しかし、男女関係や恋愛においては、即レスが相手によく思われるとは限りません。

いつでもどこでも何時でも返ってくるということは、相手からしたら「いつでもヒマ」「いつでも空いている」「どこでもつかまる」と軽く見られてしまうのです。
「マメで律儀な子だな~」なんて感心してくれることはありません。深夜だろうが、早朝だろうが、自分の時間に合わせてLINEのやり取りや電話に付き合ってくれる女性は彼のうっぷんばらし、ストレス解消にちょうどいいのです。反応がいいからちょっかいを出しやすい、というだけなのです。

彼の彼女候補になりたいなら…


相手からのLINEや連絡に飛びついてはダメ! 返信時間や頻度を考えましょう。深夜や仕事中の連絡を避けることの方が、きちんとした女性だと思ってもらえます。

男性は連絡をすぐ返してくれる女性を本命彼女にしたいわけではありません。
「今、仕事中だから……」
「明日朝早いから……」
と言える女性を認めてくれるのです。

2. 友達より彼を優先してしまうのはNG



EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ