クリスマスや忘年会を活用して今年こそ彼氏を作る方法♡

すごく好きな人がいるのにまだそこまでの仲にはなれていない……だけどクリスマスに何もしないのはさみしい! っていう気持ちが抑えられないのが本音なんじゃないでしょうか?

そこで今回は、クリスマス前から忘年会、年末年始の期間をアプローチに有効活用して、新年までに彼と付き合うのを目指す方法について考えてみたいと思います。

クリスマスや忘年会を活用して今年こそ彼氏を作る方法♡の2枚目の画像

22日(金):さりげなく手作りお菓子をプレゼント!


今年のクリスマス・イブは日曜日。学校や職場で好きな人とちょうど会う、というのができない人が多数派だと思います。
でも、クリスマス前だから……ということで、金曜日のうちに何かを人にあげることはできるし、当日に渡すよりも重たくならないメリットもあるんです!

おすすめなのは、手作りだったり、かわいくラッピングしたお菓子などをあげること! 校舎裏の告白みたいに時間をかけて深刻になるよりは、ふいうちでさらっと渡す感じのほうが、かえってドキッとさせられるし、相手にたくさん想像させられていいと思います。

23日(土):LINEで感想を聞いてみよう


クリスマスや忘年会を活用して今年こそ彼氏を作る方法♡の3枚目の画像

ノリのいい彼なら食べたとき「おいしかったよー」とかLINEをくれる場合もあるし、今度会ったとき言おうかなと思ってたり、自分からは何も言ってこなかったり、男子によってリアクションはいろいろ。

向こうから何も送られてこない場合は、土曜日中にLINEで感想を聞いてみるのもいいと思います。「俺、自意識過剰で喜んじゃってたらどうしよう」ともんもんとして連絡できないでいた男子の場合、こちらから連絡してあげることでノリノリでお礼を言ってくることも。

話しの流れで翌日の予定を聞いちゃおう


この段階でやり取りがお互いに盛り上がれば、「明日はなにしてるの?」って単刀直入にイブの予定を聞いてデートにつなげちゃうのもアリだと思います。

そうならなかった場合のアプローチ方法は、次に続きます!

24日(日):こちらからの連絡はがまんして!


向こうから連絡が来れば別ですが、24日のイブ当日に「○○に来てるよ」みたいな内容で自分から写メをLINEするのは避けるのが無難です。
ここは、がまんしてください。

相手の男子がこっちのことをほんの少しだけ気になっていた場合、イブに一人で、自分に会いたいらしいと全部分かってしまった段階で、興味が冷めてしまうリスクがあります。

彼がもっとこちらのことを意識していて「彼氏いるのかな」「今日はなにしてるのかな」と気になっているケースでも、中途半端に情報を出さず、丸一日気になったまま考えさせたほうが、自分のほうに気持ちをより強く惹きつけることができます。

忘年会:話し足りないくらいがちょうどいい♡


忘年会などのときは、最初から彼めがけて近くの席をゲットするのもアリなのですが、奥手な場合だんだん話題が途切れて盛り下がってしまったり、彼を取られるんじゃないかと察知した別の女の子が間に入ってきて凹んで帰ることになるなど、得策じゃない場合も大いにあります。

遠くの席から数回目を合わせて、後半少し話す


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

あまり話が得意じゃない場合、恋の入り口では「話し足りなかった」「もっと話したかった」ような印象を残せるよう、タイミングを逆算して彼に近づくのも作戦のひとつです。

飲み会の前半では少し離れた席に座って構わないので、他の人と話しながら数回彼にアイコンタクトを取っていきましょう。そうこうしているうちに、ラッキーだと男子の側から話しに来てくれるパターンもあります。

後半になったら、好きな人が話しているグループに混ざりに行ってみてください。みんなお酒も回ってきている頃なので、多少ふだんからまないメンバーのところに行っても、うまくごまかせます。そこで解散まで彼と話して、帰りましょう。

年末にかけてちょくちょくLINEしよう


忘年会のあと、年末にかけて彼とちょこっとずつ日々LINEしていってみます。ふだんの学校や職場が休みに入ってぽっかりとした時期に毎日連絡を取ることで、心の距離が縮まりやすいと思います。

ここでデートのアポにつなげるとき、忘年会のときに話しすぎなかったことが効いてきます。「○○のことについてもっと話したかったなー」などのトピックをとっかかりに、さりげなく二人で会う方向に持っていってみましょう。

クリスマス・イブにかけての週末と年末を好きな人へのアプローチに活用する方法についてみてきました! いま片思いで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。
(由井妙/studio woofoo)
1

この記事を書いたライター

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ