志尊淳&小関裕太の恋愛傾向もわかる♡映画『覆面系ノイズ』の裏話【プレゼントあり♡】

極上のラブストーリーと音楽を詰め込んだ、公開中の映画『覆面系ノイズ』。前回に引き続き、本作で中条あやみさん演じる、ヒロインの“ニノ”を巡って、恋のライバルとなったユズ役の志尊淳さんとモモ役の小関裕太さんに、ローリエプレス編集部ではインタビューを実施。

学生時代からのお互いを知る二人が、そんな二人だからこそ演じられたシーンの裏話や、恋愛傾向がバレてしまう!? トークも繰り広げてくれました♡

撮影 石井小太郎 (C)LAURIER PRESS

お互いをよく知るからこそ作れた名シーン


二人とも高校生でありながら、ユズはバンドで、モモはプロデューサーとして、音楽業界でプロとして働く二人。お互いがニノを巡っての恋のライバル同士と知る前に、音楽を通して関係を深めて行きます。

その象徴的なシーンとして、ユズがギター、モモがベースで、二人でセッションをするのですが、本作は恋愛映画でありながら、音楽映画でもあるだけに、このシーンの重要度は大。演じた志尊さん、小関さんも、相当な思い入れがあったと言います。

(C)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

小関「あのシーンはセッションなんですけど、いかにその場で生まれたように見せるか、ということで逆に作り込んでいるんですよ。なので休み時間にも一緒に合わせたいって思って、志尊ちゃんに“ちょっと今やらない?”って声をかけて練習していました」

撮影 石井小太郎 (C)LAURIER PRESS

志尊「(撮影前)俺は燃えてました。(小関には)絶対に負けられないって(笑)。だって裕太、めっちゃうまいんですよ。もともと楽器をやっているっていうのもあるのかもしれないんですけど、明らかに今の自分の状況じゃダメだって思って。だから“ちょっと教えて”とか“もう一回やってみていい?”とかって言いながらやってもらいました。でもそれは裕太だから言えたっていうのもあって。もし他の人が相手だったら、僕、“そうなんだ~”みたいに平気な振りをして、家に帰って練習してたと思います」

小関「あははは(笑)」

志尊「負けず嫌いなんで(笑)。でも裕太には、俺、負けず嫌いだから一緒に練習しよう、って、そこまで言えるっていう」

小関「けど、最初に共演したときにやってた役は今回以上にずばりライバルっていう関係だったので」

志尊「あのときはバチバチだったよね(笑)」

小関「横目に(志尊を)見てて、“お~、バク転するんだ”って思ったら、“俺もするぜ”みたいな(笑)」

志尊「“俺の方が技早いな”とか(笑)」

二人が共感できたシーンは?


恋愛を軸にストーリーは進むものの、そこに音楽というものがあったり、それぞれに抱える事情があったりと、志尊さんも「登場人物たちが先がどうなるかわからない状況に向かって一歩でも前に進もうとする姿を見て、背中を押される部分がこの作品にはあるんじゃないかな」と、単なるラブストーリーには終わらない、本作の魅力を語ります。

そんな中で、それぞれに一番共感できたシーンを教えてもらいました。

撮影 石井小太郎 (C)LAURIER PRESS

志尊「ユズはとにかく自分の歌をニノに歌って欲しいっていう気持ちを優先して、ニノの恋を応援したいわけじゃないのに陰で支えていて。でも、やっぱりニノが好きっていう気持ちが強くなって行って、その状況が我慢できなくなってしまうっていうシーンがあるんですね。いわゆるキレイな世界でのお話だと、最終的にもその感情を隠すっていう展開が多いと思うんですけど、僕はリアルな、等身大の高校生の媚びない感情を出したい、って思って、声を荒げて感情を見せる部分を入れさせてもらいました。そこは僕の考えも監督に話しながら作って行ったこともあって共感できましたね」

撮影 石井小太郎 (C)LAURIER PRESS

小関「さっき話したセッションのシーンなんですけど、お互いの感性で触れ合うことで仲良くなったり、人との距離が縮まって行くっていうのは、僕の普段のスタイルでもあるので共感できましたね。その人が持っているものが見えたときにトキメキを感じて、この人と仲良くなりたい! って思うので」
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡