男友達に告白して気まずくならないコツ 失敗しない告白の仕方は?

よくある恋愛相談に「友達以上恋人未満の彼に告白して、気まずくなるのが怖い」というものがあります。これは対処法を知っていれば、もし気まずくなっても何とかなります。
今回は、友達以上恋人未満の彼に告白して気まずくなったらどうするべきなのかについて、考えてみたいと思います!



1. 心配していると現実に起こります


友達以上恋人未満の彼に告白しても、気まずい関係になっていない人は、そうなることを心配していないように思います。つまり、気にしないで告白しているということ。
なぜか、心配していたことが実際に起こることってありますよね。それは、人は自分が意識しているとおりの行動をしてしまうからです。
では、そうならないためにはどうすれば良いのでしょう?

ポジティブに意識すること


心配するって「ネガティブな方に考える」ことですよね。反対に、「ポジティブな方に考える」ようにしてみてください。心配しないで、「告白してみてダメだったら、友達に戻ればいいかな」なんてポジティブに考えてみるのです。
悪い方にばかり考えずに「なるようになる」と、思っていればきっとそうなりますよ!

2.自分が幸せになれそうな選択をしてみよう


恋愛上手な女の子って、いつも自分が幸せになれる選択をしているように思います。「友達以上恋人未満の関係を終わらせて、彼と付き合いたい! そうすればわたしは幸せになれる!」恋愛上手な女の子って、こう思ったらすぐに行動します。

もし告白して失敗したら?


でも、もしも告白して気まずくなってしまったら? きっと恋愛上手な女の子たちは「関係を修復しようとする」でしょう。気まずいままだと、友達のままでいるよりも幸せじゃないからです。
実は、これは告白に限らず言えることで、普段彼と一緒に過ごすときでも、「どうすれば自分がいちばん幸せでいられるか」を意識することで、今のあいまいな関係もうまく楽しめるのでは?



3.「なかったことにする」のもひとつの手です


恋愛上手な女の子がよく使うもうひとつの手は、「告白をなかったことにする」ことです。友達以上恋人未満の彼に告白してうまくいかなくても、それを引きずりません。もともと告白なんてしてなかったみたいに忘れてしまいます。
大人って、恋愛に限らずいろんなことをなかったことにしてしまいます。ちょっとずるい考え方だなと感じるかもしれませんが、忘れてしまって良いんです。「私が告白したことなんか、彼はすぐに忘れてくれるだろう」と思って、あなたも告白に失敗したことは忘れてしまいましょう! 過ぎたことをいつまでも引きずらないのが「できる女子」の基本です。



いかがでしょうか。
友達以上恋人未満の彼のことを意識し始めると、いろいろ考えてしまって、どうしようもない気持ちになることもありますよね。そんなときは「なるようになる」とポジティブに考えて、自分のこころが軽くなることをやってみてください。失敗しても、また自分が楽しい方、幸せになれる方を選ぶのです。この積み重ねがあなたにいい恋を運んできてくれますよ♡
(ひとみしょう/studio woofoo)
1

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事