“妹”や“親友”扱いはもういや! 好きな人に女子扱いしてほしい

仲良くなる男性はたくさんいるのに、なぜかいつも“妹キャラ”や“女友達枠”で終わっちゃう……。そんな悩みを持っている女子もいるはず。今回は、その理由と対処法を見ていきましょう!

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


モテない理由1:男の人との距離感が近すぎる


「妹キャラ」や「女友達枠」で終わってしまってモテない理由の一つ目が、男性との距離の近さです。たとえば、次のような傾向はありませんか?

・簡単に男性と打ち解けることができるが、女子と仲良くなるのは苦手
・男友達が多く、男グループのなかに混じっているのが楽しい
・ちょっとしたボディタッチなら平気でできる
・電話で男友達を呼びつける
・大人数でワイワイ騒いで、オールもしがち
・恋愛の悩み相談や愚痴を男性にする

こういった傾向にある女性は、男性から見ると神秘的でない印象を与えます。全部をさらけ出すことで、「妹」や「親友」扱いされてしまうのです。

彼女ヅラするのはNG!


逆に言えば、このタイプの女子は人との距離を縮めることができる、コミュニケーションが得意なタイプということ。ガツガツしすぎたり、相手の男性を独占しようとしなければ、それは大きな魅力になります。

ひとことでいえば、「彼女ヅラしない」ことを心がければ大丈夫。「いまどこ?」「ね〜グチ聞いて!」と、彼女のように振る舞っていると、相手の男性からは“妹キャラ”や“男だったら親友になってたタイプ”のように扱われてしまうので要注意。節度とメリハリを大切にしましょう。

モテない理由2:自分のダメさがかわいいと思い込みがち



自分のダメなところをかわいいと思い込んでいる女性もまた、恋愛関係に発展しない傾向にあるかもしれません。

・「できない~」「知らない~」「男運悪い」が口ぐせ
・失敗談をかわいいエピソードとして話す
・男友達にだらしないところを見せる
・口が悪い毒舌キャラが個性的だと思っている
・時間や約束を守らないが、ニコニコしていればかわいがってもらえる
・行動がガサツで女性らしさがない

こんなタイプは要注意です。

ダメすぎるのは逆効果!


「ダメな女子がかわいい♡」の、それ以外のいくつもの条件がそろっていてはじめて実現するハイレベルなものです。まず、前提としてかわいい子がダメでなければ意味がないのです。

そして“あざといダメさ”だからかわいいのであって、ただ単にだらしないダメ人間キャラでは愛されるはずもありません。男友達は増えるでしょうし、「話していて面白い女友達」と思ってもらえるはずですが、本当に「ダメ」なところをさらけ出すのは逆効果です。

「親しき仲にも礼儀あり」を忘れずに!



妹キャラや女友達枠で終わってしまう女子は、こんな風な特徴があるように思います。仲良くなったり、距離を縮めたりすることは上手でも、それがうますぎるために、恋愛につながらないという矛盾があるんですね。

そうならないためには、“親しき仲にも礼儀あり”という言葉を忘れずに。適切な距離感で接することができれば、自然と相手からも異性として見てもらえるはずです。
(ヤマグチユキコ)

EDITOR

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ