デコルテラインもすっきり♡ おすすめヨガポーズで肩こりも解消【静加YOGA】


寒い季節は、肩があがったまま固まったり、猫背になってしまいがち。そんな時は、胸を開いて肩甲骨を動かし、凝り固まった体をほぐしましょう! 今回は、肩甲骨&肩周りに効果的なポーズを2つご紹介します♡

肩甲骨&肩周りの凝りをほぐすポーズ1


(1)膝立ちをします



(2)足をクロスさせます。お尻が出ないようにキュッと締め、太ももは内側にグッと引き寄せます



膝立ちクロスがキツい方は、腰幅に開いて膝立ちでもOK! 膝にかかる体重を左右均等になるように心がけながら、下半身は内側に引き寄せるような意識で行ってみてください!

(3)手を胸の前で合わせます(合掌)



(4)息を吸いながら手を上に持ち上げます。目線も上へ向けましょう!



この時も出っ尻にならないようにお尻を締め、呼吸を入れていきます。

(5)5回呼吸します

(6)吐く息で手を降ろし、もとに戻します

(7)まだ余裕がある方は、背中で合掌をしてみましょう




無理はしなくて大丈夫なので、少しづつ挑戦してみてください♪

(8)クロスした足を反対に変えて同様に行います

合掌しながら手を上に上げたり、背中の後ろで合掌してみたり……安楽座や金剛座の姿勢でもできますが、いつもとは違う膝立ちクロスで行うことでバランスの取り方が変わり、意識の仕方も変わると思います。「あれ? やりにくいかも」と、人それぞれ気づきもあるはず! 自分が感じることを大切にして、繰り返しポーズに取り組んでみてくださいね♪ 何回もやっていくと、また違う感じ方ができると思います。肩甲骨を無理なく動かしながら、ぜひ自分を観察していきましょう!

肩甲骨&肩周りの凝りをほぐすポーズ2


(1)膝を立てて座ります

(2)かかとを蹴り出します



(3)右手で両足の親指を持ち、左手は地面と水平になるように後ろに伸ばします。背中はまっすぐに保ちましょう!



手を後ろに伸ばすのがキツい方は、地面と水平を保ったまま、真後ろではなく斜め後ろに緩めてもらって大丈夫です。呼吸がしっかりとできる位置を見つけましょう!

(4)この状態で5回呼吸します

(5)まだ余裕があれば、後ろに伸ばした左手を背後からまわしてお尻の右側をタッチします。さらに、もっと行ける方は手を太ももや腰に絡ませます




(6)息を吸いながらしっかり背中を伸ばし、吐きながらねじっていきます。お腹の動きも感じながら、胸を気持ちよく開きましょう

(7)5回呼吸します

(8)反対側も同様に行いましょう



慌ただしい師走は、しっかり胸を開くことで気持ち良さをより感じてリフレッシュ! このポーズで、肩周りもスッキリ、デコルテラインもキレイに保ちましょう♡ 背中のハリや肩こりなどにも効果的ですよ♪

定期的にスタジオでも静加ヨガを開催しています。スケジュール詳細はSNSなどでチェックしてね♡
(武田静加)
1

EDITOR

武田静加
20歳の頃から雑誌「Happie nuts」専属モデルとして活躍。現在モデル業の傍ら、ヨガインストラクターとしても精力的に活動中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事