片思いの彼と付き合うために必要な魅力って? 男子が彼女にしたくなる女子の性格

男子って、同時にふたり以上の女子に対して「かわいいなあ」とか「つきあってみたいなあ」と思ってしまう生き物です。つまりあなたに恋のライバルがいなくても、彼から見たあなたにはライバルがいるということ。こういうとき、ライバルに差をつけて、彼にさくっと選ばれる女子になる方法を知っていたら、かなりおいしいですよね? そこで今回は、恋のライバルに差をつけて彼をゲットするために必要なことを一緒に見ていきたいと思います。



1.男子は「より話しかけやすい女子」を選ぶ傾向がある


男子は、自分にとってより話しかけやすい相手を選ぶことがよくあります。いわゆる高嶺の花のように見える女子とつきあいたいけど、話しかけにくいから、ほかの話しかけやすい女子のほうにいってしまうということです……。

せっかくあなたに興味をもってくれているのに、話しかけにくいからという理由で選ばれないのはもったいないですよね。そんな状況を回避するためにも、男子から話しかけられやすい雰囲気作りを心がけましょう! 日常のちょっとした行動でいいんです。いつも笑顔であいさつをしてくれる、最近見たテレビ番組の話やハマっているアーティストの話を自分から彼にするなど、それだけで男子はあなたに話しかけやすさを感じるものなのです。

2.男子は「より素直な女子」を選ぶ傾向がある


男子にとってすごく攻略しづらいのが、素直じゃない女子です。男子って、女子の思わせぶりな態度に泣かされてきています。遠くからチラ見されて、恋心に火をつけられたと思えば、翌日はチラ見すらしてこない女子、ほかの男子と仲良くしちゃって、あろうことか一緒に帰っている女子……「彼女はおれのことが好きなのか、嫌いなのか」……こんなことにひそかに悩んできました。



ときには気持ちを落ち着かせて……


好きならつきあう、つきあわないのであれば友達としての距離感を一定に保つ……これができれば一番いいわけですが、でもまあ、若い頃はなかなか素直になれないものです。でも、女子が片思いの男子のホンネを知りたいと思っているように、男子だって女子の気持ちを知りたいと思っているのだから、ときには気持ちを落ち着かせて彼と素直におしゃべりをしてみては? 

3. 男子は「ありのままの自分を認めている女子」を選ぶ傾向がある


自分の弱点を克服しようと必死になっている女子より、「弱点はあるけど、『いいとこ』で勝負しよう」と思っている女子や、弱点のことなど気にすることなく、いつも楽しそうにしている女子に気が向く傾向が男子にはあります。

コンプレックスも受け入れよう! 


これは簡単に言えば、自分磨きもほどほどに……ということです。年齢によるものなのか、性格によるものなのか、あるいはその両方なのか。それはよくわかりませんが、自分のウイークポイント(弱点)に固執するより、「ウイークポイントも込みで、自分のことを認めてあげること」ができている人もなかにはいますよね。そういう女子は、男子から、気持ちに余裕のあるいい女子に見られています。イヤな自分を認めるのって、なかなかむずかしいかもしれません。でも、イヤになったり好きになったり、気持ちがアップダウンしているうちに、やがてイヤな自分のことも認められるようになるので、みなさん大丈夫です。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


いかがでしょうか。
若い頃ってとくに、男女とも恋を前にして「恥ずかしい」という気持ちが強く出る傾向にあると思います。恥ずかしさゆえ相手の前で素直になれないとか、自分がダメ女に思えてきて、自分磨きに必死になってしまうとか……。恥ずかしいという、自分の心の動きにとらわれず、「彼は今、わたしになにをしてもらいたいと思っているのだろうか」など、彼の気持ちを考える時間を持ってみては? 自分の気持ちに固執しすぎるとその恋は行き場を失いますが、相手の気持ちを素直に想像してみると、その恋は無限の広がりを見せはじめます。恋のライバルに差をつけて彼をゲットしちゃいましょう!
(ひとみしょう/studio woofoo)
1

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事