告白は彼からされたい! 男子に告白してもらいやすい環境を作る秘訣

実は男子って「女子に選ばれたい」と思っているところがあります。つまり女子から「好きです、付き合ってください」と言われたいと思っている、ということ。
でも、女子の理想は「彼から告白されて付き合いたい」ですよね? 女子がこう思っていることを男子はわかっているので、「女子に選ばれたいけど、おれからがんばって告白しなければ」と思っている、頑張り屋さんの男子もいます。今回は、奥手男子でも告白しやすい女子の特徴について見ていきます。



1. 気持ちをわかりやすく伝えておくことがポイント


「彼のことが好き」という気持ちが、彼にわかりやすく伝わっていないと、彼は告白しづらいと思っていたりします。いわゆる「勘違い」だったときに恥をかきたくない……なんてことを彼は思っているわけです。だから普段から自分の気持ちをわかりやすくアピールするのがおすすめ!

普通のテンションで話す感覚でOK


彼にわかりやすく「好き」を伝える古典的な方法に「わたし、あなたのような男子がタイプ」と言ってみたり「付き合うのなら、あなたみたいにかっこいい男子がいい」と言ったりするものがあります。あるいは「もし付き合ったら」など「もし」を多用して彼とトークするとか! または友達に「あなたと付き合いたいって言ってたよ」というような噂を友達に流してもらうなんて方法がありますよね。
勇気を出して、彼にわかりやすく恋心を伝えなくても、昔から恋愛上手な女子がやっているテクを使うだけで、わかりやすさって生まれます!

2.「彼が誘いに乗りやすいこと」を意識する


彼が乗りやすい誘い方をしてあげると、彼は告白しやすいと感じることがあります。
彼を誘うのって、ノリがポイントです。「一緒にカラオケ行こうよ」とか「1時間だけ飲んで帰ろうよ」とか、お金がない彼なら「2000円で飲んで帰ろうよ」など、彼が誘いに乗りやすいように導くことで、彼にとって告白するというハードルがうんと下がります。

彼に「俺は超いい男だ」と勘違いさせちゃおう!


あなたのことが100%好きじゃない男子以外は、女子から誘われたら天にも昇る気持ちになります。自分があたかも「超いい男」になったように感じるのです。だからあなたは彼のことを誘うだけでOKです。超いい男になったと錯覚した彼は、たとえばカラオケのときにすごくテンションが上がって、自然と告白してくる、というのもよくあることでしょう。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


3. 「ちょっと相談があるんだけど」は鉄板ワード


これはもう鉄板ネタですよね。彼に「ちょっと相談があるんだけど」と言って、彼を誘い出してうまく二人きりになって……というパターンです。嘘の相談でもOKです。嘘の相談を彼にしていたら、彼は「嘘の相談だ」と気づきます。同時に「俺のことが好きだから、嘘の相談をでっちあげたんだな」と気づきます。
嘘に気づかれたら恥ずかしいかもしれませんが、恋って嘘から始まることもあるので、恥ずかしがる必要はないでしょう。



いかがでしょうか。
彼が告白しやすいと感じるきっかけを、1つでいいので彼に提示してあげることで、恋は前に進んだりします。古典的なのが「酔っぱらっちゃって……」というケースですよね。酔っぱらってしまったから介護してほしいな。というパターン。きっかけを提示された彼は、「彼女はおれのことが好きなんだろうな」と勘づきます。それでもあなたになにもしてこない彼であれば……ちょっと男として鈍すぎるでしょう。
男女ともに恋に奥手な人って、「恥をかきたくない」という気持ちで止まっている人のことです。奥手な彼にはあなたが恥じらいを消すきっかけを作って恋を発展させましょう!
(ひとみしょう/studio woofoo)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡