片思いの彼に「告白の決定打」を与えるには?

片思いの彼に「付き合ってみたいけど告白する決定的要素がない」と思われたら悲しいですよね? そこで今回は、「付き合ってみたいけど告白する決定的要素がない」と思われがちな女子と、その改善法について一緒に見ていきたいと思います!

1. しゃべるきっかけがない


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

男子って、たまに会う女子にひと目惚れして付き合ってみたいと思うことがあります。たとえば大学や大きな会社など、わりと多くの人がいる場所でたまに会う女子に、そう思うことがあります。
が、話しかけるきっかけを掴めないために、告白する決定打に欠ける……「話もしていないうちから告白?」と思う女子もいるかもしれませんが、そんな心配をしなくてもちゃんとこういう男子はいるのです。

挨拶をしてみよう!


こういうのは簡単で、男女お互いに、挨拶をすればいいのです。大学の廊下ですれ違うたびに「おはよう」と言うとか、会社の休憩室で会うたびに「お疲れ様」と言うとか。たったこれだけでいいんです! あなたにもし、気になっている男子がいるのであれば、あなたから彼に挨拶をしてみましょう。きっとなにかが変わります。本当は男子から挨拶をすればいいと思いますが、男子向けの恋愛サイトって少ないので男子はこういうことを誰からも教わることなく「今日も会社のかわいいあの子と話せなかったなあ」と頭を抱えているんです。

2. キラキラしている女子



若い男子の多くは、キラキラしている女子のことを「かわいい」とか「付き合ってみたい」と思っても、結局最後は「もう少し地味目で、地に足のついてそうな女子と付き合おう」と思います。
1
2
3

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事