女子の体型や顔のコンプレックスに対する男子の本音

女子はいつも「私、もっとこうだったらいいのに……」と思いがち。自分の“こんなところが嫌い”と悩んでいることも少なくないはずです。しかし、深刻に考えているそのコンプレックスを、男子は「え? そんなことで?」と全く気にしていなかったりします。

そこで今回は、女子がコンプレックスに感じていることに対する男子の本音に迫ります。自分の気に入らないところを、勝手に“他の人より劣ってる”なんて勝手に決めつけているだけかもしれませんよ。

コンプレックス1. もっとスタイルが良ければいいのに……



・「女子って、足が太いだの自分は太ってるだの気にしすぎ。スリムな体型に憧れる気持ちは分からないでもないけど、男が好きなのは別に痩せている女ってわけじゃないんだよね。自分が好きになった子なら、足が太くても男は気にしない!」(20代男性/飲食店)

・「モデルや芸能人と自分の容姿を比べる女って多いよね。『あの人、スタイルいいな~』なんてすぐにうらやましがる。男はそういうモデルのようなスタイルのいい女子と、ガチで付き合いたいなんて思わない。そういう女とは男の好きなB級グルメやフェス行って楽しく飲み食いできないよ」(30代男性/IT関連)

女子のスタイルを気にしない男子の方が多い


――女子というものは、“太い”ということに超敏感。ですが、男子はスタイルが良ければOKということではありません。美意識が高く、常にスタイルを気にするような女子と付き合いたい、というわけではないのです。

むしろ、一緒にあちこち食べ歩きデートに出かけてくれるような女子や、食べ物をおいしく気持ちよく平らげてくれる女子といる方が断然楽しいのです。男性からしたら、いつも「もっと痩せたい」とか「ダイエットしなきゃ」といろんな方法を試そうとする女子が不思議でならないのです。

コンプレックス2. 恋愛経験が少ないことで「私なんか……」と思ってしまう


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

・「付き合おうって言ったら、『私、あまり恋愛経験なくて……大丈夫かな』って心配するから、『俺はそんなこと気にしないよ。俺が好きなんだから』って答えた。でも、付き合い出したらなにかにつけて俺の顔色を伺ってくる。『ごめんね。今忙しい?』『ごめんね。寝ちゃってた?』『何度もLINEしちゃってごめんね』『さっき言ったこと気にしないで』ってな具合。なんか恋愛経験ないことなんて気にするより、自分というものをもっと持って欲しい。自分に自信がなさすぎ」(20代男性/大学生)

――前に付き合っていた彼氏にフラレてしまったことをすごく気にしていたり、恋愛経験が少ないことで劣等感を抱いている女子も少なくありません。ですが、男子は恋に臆病だったり、恋に奥手な女子のことをかわいいと思うもの。ですから「本当に私なんかでいいのかな?」「私みたいなので大丈夫なのかな」と懸念する必要はありません。彼の好きな気持を疑ったり、不安がることこそ危険なのです。

自分に自信を持って、もっと恋愛を楽しむべき!



男子が望むのは、「私なんかでいいの?」という自分下げの姿勢ではありません。「私もあなたといたいな」「あなたといると楽しいな」と笑顔で喜んでくれことを期待しているのです。男子は“自分とのびのびと恋愛して欲しい”のです。

恋愛コンプレックス女子がついやってしまうのが、嫌われたくないあまり“必要以上に彼のご機嫌をとってしまう”こと。「ごめんね」と言われてばかりいると、言われてる方は次第に心苦しくなってくるものです。自信のないおどおどした態度は、相手をどんよりした気持ちにさせてしまいます。

彼はあなたを好きだから付き合いだしたのにも関わらず、あなたが自分のことを「私なんか……」と卑下していれば、彼のテンションまで下げることになるのです。卑屈になることは、彼の思いまでをぶち壊すことになるのです。彼の、あなたを好きだという彼の気持ちをもっと大切にしましょう!

コンプレックス3. 男子は胸の大きい子が好きだと思っている


・「『男なんでどうせ胸が大きい女子がいいんでしょ』と決めつけないで欲しい。豊満でエロチックなボディを武器にする女子より、ちょっと自分に自信がない、胸にコンプレックスを持っているような女子をも守ってあげたいと思っちゃう」(20代男性/運送関係)

・「胸の大きな女子を目で追いかけたり、ちょっと胸の谷間を強調した服の女子がいたらチラ見したくなるのは男の本能! でも目が引かれてしまうのと好きなのとは別問題です。男からしたら、胸に自信がある女子を奥さんや彼女にしたいわけじゃない。男は胸の大きさにそんなこだわりはないですよ! むしろ、こだわっているのは女子のほうでしょ」(30代男性/コンサル)



――確かに胸の大きさが男の下心をそそることもあります。バストを武器にしてアプローチすれば、男はその時は喜ぶかもしれませんが、それが真剣交際につながるというわけではせん。逆に、男子からしたらそれは遊びで終わってしまうケースが多いのです。

男子は、女子のバストの魅力でお付き合いを決めるわけではありません。胸の大きさが恋愛において必ず“吉”と出るわけではないのです。

体や顔のコンプレックスに敏感にならなくていい


女子のコンプレックスの多くは胸だけに限らず、体のどこかのパーツに関してのことは多いはずです。人によってはそれが目や鼻かもしれませんし、おでこや口、耳、手や足かもしれません。誰でもそんな体のパーツの大小や形などを気にしているものです。
しかし、男子は「ここが恥ずかしい」と思ってる女子をむしろ好ましく感じるのです。自分の体や顔に自信があって堂々としている女子より、少し自信なさげで謙虚な女子を大切にしたいと思う男子もいるのです。

男子は女子に完璧さなど求めていない



人間誰しも、完璧で自分自身に満足している人などいません。自分の気に食わない部分や欠点は必ず持っているものです。男子が「真剣に交際したい」「長く付き合いたい」と望む女子は、決して完璧な相手ではないのです。むしろ完成品でなくてかまわないのです。
ただし、あまりにネガティブキャンペーンの女子は男子だってご勘弁。コンプレックス意識が強すぎると上手くいくこともいかなくなってしまいます。

コンプレックスがあっても男子に愛されるコツは、“いじけない”“ひがまない”ことが鉄則! 「それがあるから私はダメ」「どうせ私なんて……」と後ろ向きになっては、いい結果を生み出すことはありません。あなたが前向きになれば、そのコンプレックスをもちゃんと受け止めてくれるような優しい男子はいるのです。
(神崎桃子)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡