雑誌みたいなおしゃれ写真が簡単に撮れる 光と影の上手な撮影方法♡

年末年始の休暇で、色んなところに遊びに行く方も多いこの時期。せっかく行ったならおしゃれな写真を残して雑誌の1ページみたいにしたいですよね! おしゃれな写真に大事なのは陰の使い方♡ 今回は光と陰を使った写真の撮り方を紹介します!

光と陰を使って印象的な写真を撮ろう!




普段なら撮影場所には避けてしまいがちな強く光の当たっている場所や、半分だけ陰になっている場所が狙い目です。強い光と、陰になっている部分の両方が1枚の写真に収まるように撮影するとおしゃれな印象に!



「陰が入っちゃうからここでは撮らない」ではなく、陰をうまく利用してお洒落に見える写真にアップデートしましょう♡

陰の作り方


家で撮影するときも、陰は大切なポイント。今回は陰の仕組みと応用方法を紹介します!



明るい部分と暗い部分の差があるほどしっかり陰が出ます。日中、部屋の電気をつけずに物体に光源(ライト)を当てると、写真のように明るい部分と陰の部分がはっきりした写真が撮れます。

これを利用して、晴れた日の昼間、窓際で撮影すると、このように光のまばらに入ったお洒落な写真が撮影できます。



おすすめのライト


Mmrm
¥410
?仕様:素材: プラスチックサイズ: 約 8.2 * 8.2 * 3 cmクリップの厚さ: 約 1.6 cm電源:2 * 1.5 V AAAバッテリーパッケージ内容:セルフリーLEDライト*1PCS

Kobwa
¥699
材質:PC ABSパッケージ:Selfieリングライト*1(2 *単4形電池は含まれていません)



ちょっと個性派な写真のために♡ カラーライトを作りたい!


みんなとはちょっと違ったお洒落な写真を撮りたい人はカラーライトがおすすめ。



作り方はとっても簡単で、光源にカラーセロファンを巻きつけるだけ。
カラーセロファンは100均一や文房具屋さんで売っています♡ お家でも簡単にピンクのライトが作れたり、イルミネーションで人気のブルーのライトが作れちゃいますよ!
1
2

EDITOR

Nana Numoto
フリーライター / 映像制作。ファッションと映画とハワイが好きです。ファション・旅行・撮影テクなど女の子の知りたいことに手の届く記事を目指しています♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事