ネガティブ感情とさよなら 自分に気づく瞑想で明るくハッピーに♡

過去の出来事に後悔したり、次の大切なイベントのことで頭の中がいっぱいになったりしませんか? イライラしたり、心がざわついたり、ネガティブになったり、怒りっぽくなったり……自分で自分の気持ちのコントロールが上手くいかなくなることがありますよね。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

そんなときに思い出して欲しいのが「マインドフルネス」です。英語で「気づき」を意味する瞑想方法のこと。体をきたえると筋肉がつくように、心もトレーニングすると、自分の気持ちをコントロールすることができます。不安になった時でも心穏やかに明るくハッピーで居られるように、今回はマインドフルネス瞑想をご紹介します!

マインドフルネス瞑想とは?


マインドフルネスとは、瞑想の種類の一つ。よくイメージするような座禅を組んで無になる修行、という瞑想ではなく、あれこれと考える自分の心を「今」に集中してとどめることで、今の自分に気付いていく瞑想です。

人間は無意識に他愛もないことを考えていると言われていて、一日に何万回も何かを考えているそうです。その内容は8割が過去か未来のことで、くよくよしたりドキドキしたり……思い当たる節がありますか?
「今」に集中することって、日常生活ではなかなかありません。そんな「今」を注意深く観察してみることで、微細な今の感覚に気づくようになります。「私ってこうなんだ」と自分自身を知ることは、本当の自分に気がつき心を穏やかにしてくれます。

自分の心に気づいてリラックスしてみよう♡



まずは時間を決めて始めましょう! 5~10分くらいが、初めての方でも集中が続きやすいです。

やり方


(1)楽な服装で、椅子か床に座ります。座りやすい姿勢でかまいません。しばらく座っていて痛みを感じる姿勢だと集中力が続かないので、もとの姿勢を変えないようにします

(2)体の動きを止めて目を閉じます。体のどこかに緊張があるようなら緩めてリラックスします

EDITOR

品川裕花理
ヨガインストラクター/一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後にヨガインストラクターに。心と身体を整える事が大好き。美は一日にしてならずがモットー

関連記事

今、あなたにオススメ