冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らず

冬はエアコンや外気の影響で、肌の乾燥に悩まされることが多いですよね。一番厄介なのが、どうしても目立ってしまう“顔”の乾燥。顔が乾燥してしまうと、朝せっかく頑張ったベースメイクもすぐに崩れやすくなって、1日が憂鬱に……。ベースメイクがムラだらけでは、せっかくのアイメイクやチークも台なしです。

そこで今回は、ほんのひと手間でベースメイクの仕上がりが断然変わる方法をご紹介します♡

冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの12枚目の画像


スキンケアの基本! メイク前に乳液orクリームでしっかり保湿しよう


化粧水をつけることで水分補給はできますが、それだけでは蒸発してしまい保湿ができません。メイク前だからといって、美容液やクリームなどを省くのは間違い。メイク前にしっかり保湿をしないと、乾燥はさらに促進されてしまうので注意が必要です。

メイク前のスキンケアは、きちんと化粧水→美容液→乳液(もしくはクリーム)の基本のステップをしっかり行ってください! その後すぐにメイクをするのではなく、2~3分肌に定着するのを待ちましょう。

乾燥させないベースメイクは作れる!


ファンデーションの選び方


ファンデーションには、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプの3種類がありますが、水分と油分のバランスがいいリキッドタイプが肌なじみがよくておすすめです!(BBクリームやCCクリームも同様です)

おすすめのリキッドファンデーション


『米肌 澄肌CCクリーム 01』
『米肌 澄肌CCクリーム 01』

『米肌 澄肌CCクリーム 01』は、日焼け止め効果と下地、ファンデーションが一つになっているCCクリーム。テクスチャーがやわらかく、伸びがいいのでなじみやすいです!

ほんのひと手間でOK! ファンデーションにオイルを投入しよう


ただファンデーションを塗るのではなく、さらっとしたオイルを1滴混ぜるだけで、見違えるほどにベースメイクの仕上がりが変わります。乾燥を防げるだけでなく肌表面がつややかになり、一気にハツラツとした印象になりますよ♡

やり方


(1)ファンデーションを手のひらにとります

冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの7枚目の画像


(2)オイルを1滴手のひらに垂らします

冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの6枚目の画像


(3)しっかり混ぜ合わせます

冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの5枚目の画像


頬骨の高い部分にたっぷりのせることで、光を集めやすくなり、肌全体が輝いている印象を作り上げることができます。Tゾーンやあご部分は崩れやすい場所なので、少量を薄く伸ばすようにしましょう!

冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの2枚目の画像


おすすめのオイル


冬のツヤ肌ベースメイクの作り方♡ ファンデにオイルを混ぜて乾燥知らずの1枚目の画像

ファンデーション自体にも油分は含まれているのと、日中は自然と出る皮脂もあるため、ベタっとする保湿オイルではなく、サラサラとしたオイル美容液を選びましょう!

◆『DE LA MER(ドゥラメール) ザ・リニューアル オイル』
『DE LA MER(ドゥラメール) ザ・リニューアル オイル』
『DE LA MER(ドゥラメール) ザ・リニューアル オイル』

水分と油分の2層のオイルなので、さらっと肌になじみます。



◆『Hiroko.K BALANCING OIL』
『Hiroko.K BALANCING OIL』
『Hiroko.K BALANCING OIL』

オーガニック認証を受けているオイルで、ボディやヘアケアにも使えます。

◆『Bio-oil(バイオイル) バイオイル』
『Bio-oil(バイオイル) バイオイル』
『Bio-oil(バイオイル) バイオイル』

ニキビ跡や傷痕をケアしてくれると言われているスキンケアオイル。乾燥による小じわを目立たせなくする効果も期待できるそう!



オイル美容液を使ったひと手間ベースメイク作りで、乾燥肌からおさらば! 1日中うるおった肌状態を保ちましょう♡
(金原麗子)
1

EDITOR

金原麗子
憧れられる女性をプロデュースする「ビューティフルエンスプロデューサー」。「垢抜け眉」提唱者。美容ライター、睡眠コンサルタントとして各メディアで活躍中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事