この状況って片思い?両想い  男子が判断するこんなシーン♡

片思いの彼のことをチラ見してよく目が合うのなら、それはもう両思い! というか、両思いだと信じ込んで次のアクションを考えたほうが、ハッピーになれます♡ 今回は、片思いの男子と「100%脈あり」と確信してもいいときと、そのときあなたがやるべきことについて、一緒に見ていこうと思います。

1. 会った瞬間にうれしそうな顔をされたとき



もしかしたら、女子はキラキラした恋に憧れている人が多いのかもしれません。男子はキラキラというより、地味に鈍く光っている恋に憧れているところがあります。つまり、「この女子に会うと、なぜかいつもホッとする」というような感覚を持てる女子と付き合いたいと思っているということ。キラキラではなく「ホっ」です。そういう男子が、脈ありのわかりやすい言動をするときは、あなたに会った瞬間です。パっと会ったときに笑顔を見せる男子、というのは、あなたのことが好きだから笑顔を見せるのです。

「第二の挨拶」を意識してみて!


彼が笑顔を見せたとき、「彼はわたしのことが好きなのかな」と感じる女子であっても、そこから先、どうすれば交際にもっていけるのか、よくわからない人もいるでしょう。そういう人は「第二の挨拶」を意識してみましょう!
第二の挨拶というのは、彼の笑顔に対するリアクション、ということ。例えば「おはよう」と、彼に笑顔で言われた直後、あなたが彼に対してどういうリアクションをするのかによって、交際に発展したりしなかったりするということです。彼の笑顔の「おはよう」のあとに、「いつも笑顔がかわいいね」と言ってみるとか、3段くらい話をすっ飛ばして「今日の帰り、一緒に飲みに行かない?」と言うとか……。第二の挨拶って、立派な大人でも意識しているもので、どうすれば相手と良好な関係を結ぶことができるのか、考えている課題でもあるそうです。
1
2
3

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事