あざとさを身に着けよう♡ 片思いの彼と距離が縮まる「話の聞き方」

片思いの彼の話を、ふつうに聞いているだけでは、「この女子、おれにあまり興味がないのかな」とネガティブに感じてしまうこともあります。
そこで今回は、片思いの彼との距離が縮まる話の聞き方について、一緒に見ていきたいと思います。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

1. 笑うタイミングを見つけて!


彼の話にイマイチ共感できなくても、笑えるタイミングで笑ってあげること。「笑うこと=最高の共感」なのです。
さほど面白くない彼の話に対して「楽しいよ」という意思表示をするかのごとく笑う、というのを、ふつうはオーバーリアクションと呼びますよね。そして、このオーバーリアクションはあざといと言われることもあります。
でも、あなたが片思いの彼の気を引いて、なんとしてもつきあいたいと思っているのであれば、あざとさもちゃんと恋の武器として積極的に使っていくべきです。
男子って、あざといくらいのことをされないと、彼女の本気がどこにあるのか、よく理解できないことが多々あるんです。

2. 少し前のめりになって相槌を打ってみて



男子ってよく自慢話をしますが、それは「おれのことを立派な男だと認めてよ」という気持ちの表れです。だから、たとえ彼のくだらない自慢話に興味がないとしても、あなたはお姉さん的な態度で聞いてあげつつ、「うん、うん、それで?」と、前のめりな姿勢を見せてあげるだけで、彼は「彼女はおれのことが好きなのかも」と思います。
そして、付き合って、ふたりの関係が安定したら、彼は自分のことを大きく見せる必要を感じなくなるので、やがて自慢話が減るはずです。
1
2
3

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事