遠まわしじゃ伝わらない! 鈍感な男子にもちゃんと”好き”をアピール♡

片思いの男子に対して、好きアピールをしているのに、なかなか進展しない……というのは、あなたに非があるというよりも、彼が鈍すぎるからということが多いです。
せっかく頑張ってアピールしているのだから、男子にも分かってほしいですよね。今回は、鈍感すぎる男子にも理解できる「女子からの好きアピール」について、一緒に見ていきましょう!

1. LINEの文章にハートマークの絵文字でアピールを


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

もうこれは鉄板ネタですね!
女の子の中には、特に好きじゃないただの男友達にハートマークのLINEを送って、好きだと誤解されてしまった経験がある子もいるのでは? 男子って、それくらい「ハートマーク=好き」だと思い込んでいるのです。「ハートマークに深い意味はない」なんて、男子は、通用しません。
なので、大好きな片思いの彼に自分の気持ちを伝えたかったら、ハートマークを付けてLINEを送ってみて! きっと彼も気づいてくれるはずです。反対に、好きじゃない男子には、ハートはつけないこと!

2. 飲み会の席などで、気がつけばよく隣に座っている


これは「気づけば」というのがポイントです。席を決めるときに、彼に気づかれることなく、さっと彼の隣に座るなど、その一瞬に集中しさえすれば、あとはもう交際に向かって進むだけ! という、かなりおいしいテクです。

常に視野に入ることがポイント


「なぜかいつも一緒にいる人」に、人は気持ちが向いて、やがて好意を示し、付き合えるようになることがある。とよく言われますよね。これって「見慣れているかどうか」ということです。
人の心理って不思議なもので、見慣れたかどうか「だけ」で、相手に選ばれたり選ばれなかったりすることもあります。確かに、もしあなたが今まで意識していなかった人から急に告白されても、すぐにじゃあ付き合おうとはならないですよね。反対に、「最近よく一緒になるなあ」と感じている人からなら、少し考えてみようかななんて気にもなるのでは?
片思いの彼が、あなたのことを見慣れてきた頃、あなたはきっと彼と付き合えます。

3. 「教えてほしい」と「暇アピール」は効果抜群!




「勉強教えてよ」などの「教えてほしい」と男子に頼るのと、「このあと、予定ないよ」など「予定がフリーであること」の宣言。これはかなり男子に刺さる鉄板ネタなので、ぜひやってみて!

この男子の心理を使わない手はないと思いませんか?


たとえば大学で、「ノートをコピーさせてほしい」と、かわいい女子に声を掛けられたら、ホイホイとコピーさせてあげる男子がいますよね。その男子、その女子に利用されているだけだと気づいていないどころか、「俺のこと好きなの?」と勘違いしているかも。男子って頼りにされるだけで「俺のことが好きなのか!」と思ってしまうのです。

さらに、「このあと暇だよ」という、「予定がありません」アピールも大事です。
たとえば飲み会のあと、このあと、予定がありませんとアピールをされた男子は、「じゃあこの後はどうしようか」すぐに次のステップのことを考えます。これは誰だってそうですよね?
このテクニックはさらっと使えてしまう子と、恥ずかしさからか使わない女の子とにはっきり分かれます。でも、鈍い男子にはこの2つのテクニックをしつこいくらい使ってみて! そのうち、彼も「もしかして」と感じるはず。



いかがでしょうか。
恋愛って、お互いに空気を読みあって「ちょうどいい感じ」で交際に進展していくケースはごくわずかで、ちょっとしたハプニングとか変化からはじまるのがほとんどだと思います。せっかくなら楽しい変化がいいですよね。鈍感な彼には少しちょっかいを出してみるのがおすすめ。
今回ご紹介した分かりやすいアピールで変化を起こしてみて! すぐには反応がなくて、うまくいかないなあと思っても大丈夫。そのうち彼のほうも意識してくれるはずです♡
(ひとみしょう/studio woofoo)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡