リップの組合せテクを習得♡ 手持ちコスメでバリエーションが無限大

コスメの中でも一番買いやすいリップ。気分やファッションに合わせて、カラーにラメなど2種使いする人も多いですよね♪ しかし、その組み合わせ方も実は無限大! ということで、今回はもっともっとリップメイクを楽しむことができる組み合わせアレンジをご紹介します♡

リップの組合せテクを習得して、仕上がり無限大に♡
リップの組合せテクを習得して、仕上がり無限大に♡


リップの組合せテク1. 口紅+リップクリーム


ケア用にリップクリームを塗ってから口紅を塗るという人は多いですが、それだと口紅の発色が落ちてしまいます……。

そこで今回は、マットめな口紅の上から指でリップクリームを重ねてみました。油分が少なめの口紅と合わせることが、相性を良くするポイントです!

使用したリップ


左:Vavimello デイリールージュフィット 03右:MAQUILLAGE ドラマティックリップトリートメント
左:Vavimello デイリールージュフィット 03
右:MAQUILLAGE ドラマティックリップトリートメント




口紅+リップクリームで完成したリップ


口紅+リップクリーム
口紅+リップクリーム

無色透明のリップクリームなら色も邪魔しないので、口紅のカラーを活かしつつより自然に仕上がります。グロスほど主張しないツヤ感を加えることができますよ♪ 唇が荒れやすいという方は、同時にケア効果もあるので安心です。

リップの組合せテク2. ラメグロス+口紅


口紅とグロスの組み合わせは鉄板ですよね! しかし、今回はグロスの上から口紅を重ねてみます。口紅の上からなのでカラーはのりにくいですが、ブラシを使って少し混ぜるようにしながらつけると◎。この場合は、伸びの良い口紅を選ぶのがポイントです。

使用したリップ


左:Witch's Pouch ブルーリップグロス右:CanDo リップパレット 04
左:Witch's Pouch ブルーリップグロス
右:CanDo リップパレット 04


・CanDo(キャンドゥ) リップパレット 04

ポイント


ただ全面に重ねるだけなら順番が前後しただけ……。中央のハート部分にだけ赤みを足すように塗るのがポイントです。唇が薄いから少しふっくらさせたいという人にもおすすめの塗り方ですよ♡

ハート部分にパレットの赤みをプラス!
ハート部分にパレットの赤みをプラス!


ラメグロス+口紅で完成したリップ


ラメグロス+口紅
ラメグロス+口紅

うるっとした唇をベースにして、血色感のある女っぽ唇に♡ 今回のグロスはphで色が変わる物なので、濃い色の口紅と合わせてもかなり自然になじんでくれました! グロスの色が無色でラメ感だけが出る物の場合は、少し薄めのカラーの方が自然な印象になります。

リップの組合せテク3. 口紅+口紅


ピンクとオレンジなど、色味を混ぜて絵の具のようにする楽しみ方もありますが、カラーと質感(ラメ)を合わせてもかわいいです♡ 口紅の上に口紅を重ねるので、少し1つ目のカラーは薄くなってしまいますが、ラメだけでなくカラーもある口紅を選ぶと、薄くなった部分をカバーしてくれるんです!

使用したリップ


左:MAYBELLINE ウォーター シャイニー ミルキー N RS624右:Dior アディクトリップグロウ 009
左:MAYBELLINE ウォーター シャイニー ミルキー N RS624
右:Dior アディクトリップグロウ 009


・Dior(ディオール) アディクトリップグロウ 009

口紅+口紅で完成したリップ


口紅+口紅
口紅+口紅

あまりキラキラを感じなかった口紅と色味が薄めのラメ入りリップを合わせることで、絶妙に光る本命リップ風に仕上げることができました♡

リップの組合せテク4. グロス+ティント


「水分に水分!?」と思ってしまいますが、案外グラデーションリップが作りやすいこの組み合わせ♡ 薄めの赤みグロスに、より色付きやすいティントを合わせることで、ただの混ざったリップになるのを防ぐことができます。

使用したリップ


左:Yves Saint-Laurent ヴォリュプテティントインオイル 15右:ETUDE HOUSE ディアダーリン ウォータージェルティント RD307
左:Yves Saint-Laurent ヴォリュプテティントインオイル 15
右:ETUDE HOUSE ディアダーリン ウォータージェルティント RD307




ポイント


画像の内側部分につけて、上下の唇でなじませるとグラデーションリップに。

中央部分にティントを重ねる
中央部分にティントを重ねる

もう少し濃くしたい場合は、何度か塗り足してみてください。ベースのカラーを付けすぎないことも、ティントをなじませやすくするポイントです!

グロス+ティントで完成したリップ


グロス+ティント
グロス+ティント

マットなしっかりグラデーションリップに抵抗がある人も取り入れやすい、ほんのりグラデーションリップが完成♡ ティントを使っている分、内側の色持ちもアップ! ローズピンクなどを使用しても、ナチュラルメイクにぴったりです♡

リップの組合せテク5. マットリップ+グロス


しっかり発色のマットリップが増えてきていますが、カラーが印象的な分ナチュラル使いが難しかったりしませんか? ただ重ねるだけでなく、マットリップを一度ティッシュオフしてからグロスを重ねることで、仕上がりが全く違うリップになるんです!
1
2

この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡