いじられ女子がモテる♡ 男子が告白しやすいキャラに

かわいい女の子はもちろんモテるけど、高嶺の花って思われてなかなか告白してもらえないこともありますが、いじられキャラの女子は、男子から見て親しみやすかったり、ツッコミやすかったりするので、仲良くなって恋に発展……なんて可能性が高いのかも。


今回は、男子が告白しやすい「いじられキャラの女子」を目指す方法を一緒に見ていきたいと思います。

1.コンプレックスを口にしてみよう


誰だって、鼻の低さや胸の小ささなど、コンプレックスは持っているはず。それをあえて気になる男子の前で自虐的にネタにすることでいじりやすくなります。

コンプレックスから仲良くなれる


お互いに好意を寄せているのであれば、「わたし、こんなコンプレックスがあってさあ」というのを言うと、彼があなたのことを会話でいじりやすくなって、ふたりはうんと仲良くなれます。

「わたし、胸ちっちゃいんだよね」でもいいし、「胸が大きすぎて、ぶっちゃけ邪魔なんだよね」でもいいんです。彼だって、好意をもってそこを会話でいじりたいと思っているのだから、それでいいんです。

2.ときには真面目なことを話してみよう!


片思いの彼の前だと緊張しちゃって、なにを話していいのかわからなくなるとか、片思いの彼に、自分のことを良く思われたいとか、そういう気持ちって誰でもはたらくもの。つい、他愛もない会話ばかりになってしまうという人もいるのでは。

たまには真面目な話をしてみると、彼があなたのことを会話でいじりやすくなる、ということがあります。


ときには人生について語ってみて


真面目な話とは、たとえば大学生なら「卒業後の進路に悩んでいる」とか、社会人なら「今の会社を辞めたい」とか、たとえばこんなふうな「自分の人生のこと」。

不安な気持ちとか、自分に自信をもてない自分とか、そういうのって、なにも恥ずかしいことではなくて、そういう自分とまっすぐに向き合えないことこそが恥ずかしいこと。
なので、ふたりで同じように未来に漠然と不安を感じているということがわかれば、彼はあなたに対して一気に心を開いてきます。結果として、いじりやすくなるんです。

3.ときには女を捨ててみるのもアリ


ときどき「女を捨てたらモテなくなる」と言っている人がいますが、男子ってあまりそうは思わないんです。

たとえば飲み会で、多くの女子がカシスオレンジとか、かわいい女子らしいカクテルを飲んでいるなかで、ひとりだけおじさんのように焼酎の水割りを飲んでいるとか、そういうのを「女を捨てている」というのであれば、それ、どんどんやったほうが、彼はあなたのことをいじりやすくなります。

女の子らしい女子はとっつきにくい


男子って、女の子らしい女子に対して「とっつきにくさ」を感じていることがあるからです。とっつきにくいというのは、なにもあなたのことが嫌いというのではなく、単純に「どこから入るといいのかわからない」とか、「どこを会話でいじると仲良くなれるのかわからない」というような気持ちです。

だからあえて、男らしい言動をすることで、彼はすごく親近感を覚えるし、いじりやすくなるのです。


いかがでしょうか。
彼があなたのことをいじりやすいと思えば、そして実際に会話でいじってくれるようになれば、もう交際3秒前です。ぜひやってみて!
(ひとみしょう/studio woofoo)
1

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事