映画『坂道のアポロン』公開♡ 中川大志さんと知念侑李さんの熱い友情に注目

昭和の長崎県・佐世保を舞台に、幼なじみの二人とそこにやってきた転校生との友情と恋を描いた感動作、映画『坂道のアポロン』が3月10日より公開に♡ 

都会から佐世保に転校してきた高校生・西見薫を知念侑李さん、そのクラスメイトで“札付きの不良”と周囲から恐れられている川渕千太郎を中川大志さん、おなじくクラスメイトで、千太郎とは幼なじみでもある心優しい迎律子を小松菜奈さんが演じ、ジャズを通して運命の出会いを果たした3人の10年に渡る物語を温かくも切なく表現しています。


ローリエプレス編集部ではそんな3人の中から、“札付きの不良”でありながら、実は家族思いの一面や、音楽にかける情熱を持った千太郎役の中川大志さんにインタビュー! 今作への想い入れや撮影での裏話の他、気になる女性の行動なども教えてもらっちゃいました♡

自分じゃない自分が残っている作品


今回中川さんが演じた千太郎は、中川さん自身が「なぜ僕にこの役が来たのかって思うくらい、自分じゃないなと思うキャラクター」と言うように、一見、普段の中川さんやこれまで演じた役柄からは想像しづらい人物像。

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

「千太郎は豪快で、周りからも近づきがたいと思われているような不良なんですけど、実は抱えているバックボーンから孤独なところがあったりして、僕はすごく繊細な人なんだと思いました。だからこそ、その反動でケンカをしてしまったり、周りからとっつきにくいと思われてしまうんだろうな、と。
でも、その内側にある繊細さが見えたときに、千太郎というキャラクターがより一層深みをもって観ていただく方に伝わるんじゃないかって思ったので、演じるときはその部分を意識しました。律ちゃん(律子)や薫といるときはとにかく明るくて、周りを巻き込んで行くようなところもあるし、純粋に音楽がすごく好きで、ドラムを愛しているっていう真っすぐさもあるし、家族、兄弟を大切にしている優しいお兄ちゃんの部分もあるし、ちょっぴり抜けているようなかわいらしい一面もあるし。そんな、僕が原作から感じた千太郎の魅力は、表現出来たのかな? って。(今回の役柄は)チャレンジでしたけど、今終わって振り返ってみると、その瞬間にしかない、自分じゃない自分が残っているかなと思います」




そんな千太郎になるために、中川さんは外見をここまで変えたのは初めてという金髪にも挑戦し、千太郎が得意という設定のジャズドラムに関しては、クランクインの10カ月も前から練習に励んでいたそう!

「ドラムは以前、少し習っていたことはあったんですけど、ジャズは全くの未経験で、普段からあまり聴くこともなかったので、最初はすごく苦戦しました。半年くらいはスティックの持ち方から始まって、基礎練習をしていて。ジャズって自由というか、いろんなリズムの要素が入ってきたりするので。そんな中で撮影が段々と近づいてきて、台本が出来上がって、劇中で演奏する曲が決まって、それでようやく最後の数カ月で(演奏曲を)練習したという感じでした。(ピアノを演奏する)知念くんと最初に合わせたのはクランクインの直前で。スタッフさんを通してお互いの練習状況に探りを入れたりはしていたんですけど(笑)、ずっと別々で練習をしていたので、初めて合わせたときはすごく楽しかったですね。そのときの気持ちは作品の中でも出せるように大事にしました」

知念さんはお兄ちゃんのような存在




一見、正反対なキャラクターにも関わらず、ジャズを通して唯一無二の親友となっていく薫と千太郎。二人はピアノとドラムでセッションをする場面も多く、演じる知念さん、中川さんには息の合った演技が必須。しかしそこはすでに他の作品で共演経験のある二人だけに問題はなく、逆に中川さんは、相手が知念さんだったからこそ役を演じきれたと話します。
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事