SNSで話題の無印良品コスメ「導入液」の魅力&使い方♡

今回は、SNSや、美容好き女子の間でもかなり話題になっているコスメ、『無印良品 導入液』をご紹介します♡ 

TwitterやInstagramで評判! 『無印良品 導入液』



「#無印良品」と検索すると、一番投稿数が多く上がってくるものが「導入液」。もともと人気だったエイジング導入液が昨年リニューアル発売してから、「これはいい!」と再び好評なんですって!

気になる配合成分は?


岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズの中の一つ。天然うるおい成分として、ツバキ種子エキス他5種類の植物エキスとアンズ果汁が配合されているよう。保湿と肌を引き締める効果のあるアルニカや、肌にハリとツヤを与える天然美肌成分までたっぷりです♡



効果や働きは?


プレ化粧水として、洗顔後化粧水の前に使うことで浸透を良くしてくれるブースターの役割があるんだとか! 美容成分が角質層まで届いて肌を整えてくれる上、プチプラだから気兼ねなくバシャバシャ使えるのはうれしいですよね♡

実際使った人たちの口コミを見てみよう!


・肌がゴクゴク化粧水を飲んでるみたい
・化粧水プレスする時間が短くなった
・この後パックすると、全く液だれしなくて驚いた ……などなど。

特徴的だったエイジングケアシリーズの赤いボトルから透明ボトルになって、幅広い世代に使える「敏感肌」ケアシリーズになったんですね! シンプルなボトルがおしゃれで映えるから、どこに置いても邪魔しません。
また、敏感肌用に変わったということもあって、無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性/パラベンフリー・アルコールフリーという、無印さんならではの徹底ぶり!

ありがたいことに3種類のサイズ展開


普通:200ml 1290円(税込)
大容量:400ml 2290円(税込)
携帯用:50ml 390円(税込)

小さいサイズはお試し用、旅行用としても使えるから便利ですよね! 用途に合わせて選べるのは助かるところ。





『無印良品 導入液』のおすすめの使い方


私は200mlのボトルに、同じく無印良品で販売されている付け替えのスプレーヘッドに替えて使いやすくしています。


お風呂上がりの毛穴が開いだ状態の肌に、すぐシュシュっと吹きかけて、軽く抑えてからパックや化粧水を付けてみて! コットンで付けるよりも、まんべんなく&ムラなくなじむのでおすすめです。

2タイプの化粧水で比較


しっとり化粧水


左:何もつけてない肌/右:導入液を付けた肌
左:何もつけてない肌/右:導入液を付けた肌

左はそのままの液の形が変わらないのに、左は少しずつ流れていっていますね!

さっぱり化粧水


左:何もつけてない肌/右:導入液を付けた肌
左:何もつけてない肌/右:導入液を付けた肌

こちらも左はそのまま、右は完全に液が広がってお肌になじんでいるのが分かります!

しっかり導入液としての働きがありそうですよね♡ 
そして、これから花粉が本格的になってくるシーズンだから、お肌も敏感になりがち。バリア機能を失ったお肌にはうるおいが1番大切です!

おすすめの組み合わせ方


《導入液×敏感肌用しっとりタイプ》
導入液をつけた後、同じく無印の「化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ」を使用するのがおすすめです。導入液を使用している多くの方が、こちらの組み合わせでスキンケアをしているです!!
 


ブースターの役割って、それ自体の働きだけでなく、浸透しやすくすることによって一緒に使う物の良さも引き出してくれること。美白ケアであれば美白効果を、エイジングケアであればアンチエイジング効果も高めてくれるので、組み合わせるアイテムにもこだわれるのが魅力的です♡

最新美容アイテムを普段のスキンケアに取り入れて、この季節お肌にも栄養補給をたっぷりしてあげましょう♡
(Beans.o)
1

EDITOR

Beans.o
豆のように小さい22歳♪ メイク、ファッション、カフェなど常にトレンドに敏感でいたい女子です♡ Instagramではリアルタイムで情報を発信してるので、ぜひフォローしてね!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事