つけまつげで自然なデカ目に♡ 初心者さんでもできる簡単な付け方♡

ナチュラルメイクが主流で、あまり使っている人を見かけなくなった「つけまつげ」。実はキレイに付ければ、マスカラ以上にナチュラルになることもあるんです! そこで今回は、自然なつけまつげを使って装着方法をご紹介します♡初心者さんでも簡単にできるので、ぜひチェックしてみてね。
つけまつげの付け方レッスン♡
つけまつげの付け方レッスン♡


つけまつげを付ける前の準備も大切!


装着前に、今回使用するおすすめのつけまつげアイテムをご紹介します。

用意するもの


バレないくらい自然につけまつげを付けよう♡
バレないくらい自然につけまつげを付けよう♡

・つけまつげ
・つけまのり
・ピンセット

使用するものは最低限のものだけ! 指でそのままつけてもOKですが、目のキワの細かい作業になるので、ピンセットを使用する方が良いかも。手にのりがついてしまって付ける前からつけまつげが汚れてしまったり、まぶたに付着して二重のラインまで変形してしまったりなんてこともあるので要注意。

おすすめのつけまつげののり


つけまつげをするなら、取れにくいのりを選ぶことが大切。外出中につけまつげが取れてしまって直せない……!なんてことが起こり得ないように、取れにくいつけまのりを使いましょう。

ちなみに、つけまのりを購入するなら「DUP(ディーアップ)」のつけまのりが取れにくいのでおすすめです。また、つけまつげののりはアイプチでも代用可能なんです! お使いのアイプチがあれば、それを利用するのも手。


おすすめのつけまつげ


100円ショップ「Seria(セリア)」で買えるつけまつげ
100円ショップ「Seria(セリア)」で買えるつけまつげ

今回使用したのは、100円ショップ「Seria(セリア)」で販売されている「-5歳のつけまつげ 01」です。毛が細めで長すぎないので、とってもナチュラルに仕上がります。目の横幅サイズが大きくて、つけまつげがはみ出てしまうという人は、両サイドのバランスを見てカットしておくと◎。

100円ショップでおすすめのつけまつげを別の記事で紹介中!
100円ショップのおすすめつけまつげをつけ比べてみた♡


つけまつげを付ける時のアイメイクのポイント


基本的には通常通りのメイクで大丈夫ですが、気をつけるともっと仕上がりがキレイになるポイントも♡ 
案外何も気にしていないという人も多いですが、仕上がりをより良くするためにはアイメイクとの相性も大切です。

つけまつげを付ける時のアイメイクポイント
つけまつげを付ける時のアイメイクポイント


つけまをするなら、なるべくマスカラは薄く塗って


自まつ毛メイクの時は、長さもボリュームも最大限に作ることが多いですよね! しかし、つけまつげをつける時なるべく薄くしましょう。ナチュラルな物だと1本1本の毛が細めなので、自まつ毛が目立ってしまってキレイになじみません。
逆にマスカラを全くつけないというのは、つけまつげと自まつ毛が分かれて見えがちなのでNGです。

アイラインは薄めにすると二重幅が狭くならずデカ目効果も!


アイラインを普段太めにしている方は、細めにしておきましょう。つけまつげの力でぐっとまぶたが押し上げられるので、アイラインが太いと二重幅が狭まって見える可能性が……。
逆にあまりアイラインを引かない方は、まつげの間だけ埋めるように極細ラインを引いてみて! 何も引いていないとつけまつげの芯が強調されて、目を閉じた時に付けた感が出てしまいます。

つけまのりの使用ポイント!


目をつぶった時にのりが目立っていると、せっかくナチュラルなデザインのものを選んでも台なし。装着方法に問題がある場合もありますが、のりの塗り方で防げる場合もあるんです!

つけまのりはどこに塗ればいいの?


つけまのりをつける場所でかなり仕上がりが変わる!
つけまのりをつける場所でかなり仕上がりが変わる!

つけまつげ初心者さんが塗りがちなのは、きっと裏側の部分(購入時にパッケージに貼り付けてあった部分)なのでは? ここに塗ってしまうと、必然的に毛の向きが逆さまつげっぽくなってしまいます。つけまつげをテーブルに置いて、上から見た時に、てっぺんになる部分にのりを塗ることで、上向きまつげになりやすいんです♡
1
2

この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡