クマ・ニキビ跡・シミ…お悩み別 コンシーラーの使い分け方♡

コンシーラーは、気になる肌悩みを隠してくれる便利なコスメ。でも、ニキビ跡・クマ・シミなどのお悩みによって、どのタイプのコンシーラーがいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、お悩み別にコンシーラーの使い分け方をご紹介します♡

クマ・ニキビ跡・シミ…お悩み別 コンシーラーの使い分け方♡の1枚目の画像


クマは種類に合わせた色をチョイス!


目の下の厄介なクマには、血行不良が原因の“青クマ”、色素沈着が原因の“茶クマ”、たるみによる影の“黒クマ”の3種類あります。お気づきの通りこれらのクマは色がすべて違うため、クマの種類に合わせてコンシーラーの色を使い分けるのが正解です!

青クマ:オレンジ系のコンシーラー


青クマにはオレンジ系のコンシーラーがおすすめです。色彩理論によると、オレンジは青の補色にあたるので、青色を打ち消す効果があるとされています。そのため、コンシーラーにオレンジ系を使えば、青クマに打ち消し効果が期待できるのです。

おすすめのコンシーラー


『ETVOS(エトヴォス) ミネラルコンシーラーパレット』はややオレンジ味よりの三色パレット。ややクリーミーなので、乾燥肌さんにおすすめです。

『ETVOS ミネラルコンシーラーパレット』
『ETVOS ミネラルコンシーラーパレット』



茶クマ:イエロー系のコンシーラー


茶クマにはイエロー系のコンシーラーがおすすめです。茶色よりもやや明るい色で、色味が近いイエローを塗り重ねることで、ぼかしの効果があるからです。

おすすめのコンシーラー


意外とイエロー系のコンシーラーってありそうでない中、プチプラブランド・キャンメイクから黄色味のコンシーラーが……! 初心者さんもコンシーラーデビューしやすいアイテムです♪

『CANMAKE カラーミキシングコンシーラー C12』

コンシーラーの使い方が難しい……という方におすすめなのが『ADDICTION(アディクション) チークポリッシュ 08 リフレクション』。こちらはチークなのですが、イエロー味なので、気になるクマの部分にのせると自然と肌をなじみ、ぼかしてくれるだけでなく、光の反射効果でクマが目立ちにくくなるんです!

『ADDICTION チークポリッシュ 08 リフレクション』
『ADDICTION チークポリッシュ 08 リフレクション』


クマの範囲が広い場合、コンシーラーを厚塗りしては、却ってメイク崩れの原因に……。そんなときは、イエローカラーのコントロールカラーをファンデーションの前に事前に仕込んでおきましょう!

『江原道 メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク』
『江原道 メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク』



黒クマ:ピンク系のコントロールカラーで血色感をプラス


黒クマはエイジングサインでもあるので、ピンクのコントロールカラーを仕込み、血色感をプラスすることで、活き活きとした目元に見せることができます。

おすすめのコンシーラー


広い範囲にコントロールカラーを仕込むため、『江原道 メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク』は伸びが良く、肌なじみも抜群。あとからのせるファンデーションを邪魔しないのでおすすめですよ!

『江原道 メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク』
『江原道 メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク』



ニキビ跡にはグリーンとの合わせ使いを


一般的なニキビ跡は、肌の炎症が原因です。そのため、基本的にはほんのり赤い色をしていますよね? コンシーラーで隠すのもよいのですが、ニキビ跡の色である“赤”の補色である“グリーン”も使うと、より自然に隠すことができます!

おすすめのコンシーラー


『CEZANNE(セザンヌ) 赤み補正コンシーラー ソフトグリーン』はグリーンの色味だけでなく、光散乱パウダーが入っているので美肌効果も期待できる! さらに保湿成分が入っているため、メイクしながら美肌ケアが叶うということで、プチプラを超えた優秀アイテムです。

『CEZANNE 赤み補正コンシーラー ソフトグリーン』
『CEZANNE 赤み補正コンシーラー ソフトグリーン』



シミには固いコンシーラーを使って!


老けて見える嫌なシミには、固めのコンシーラーを使ってしっかりカバーしましょう! 点在するシミにはブラシを使い、広い範囲にあるシミにはスティックコンシーラーを使うのがおすすめ。肌と同じくらいの色味のコンシーラーをとりシミの上にのせたら、放射状に外へ向けてぼかします。肌との境目は指でぼかしてなじませましょう。最後にパウダーをはたけば、メイク崩れもしにくくなりますよ!

おすすめのコンシーラー


『WATOSA(ワトゥサ) スーパーカヴァー ファンデーション ポッツ』は固めなテクスチャーですが、肌にのせると、隠したい場所を隠しながらも肌になじみ、消え入るように自然な仕上がりになります。

『WATOSA スーパーカヴァー ファンデーション ポッツ』
『WATOSA スーパーカヴァー ファンデーション ポッツ』



コンシーラーを使い分けることで、気になる肌悩みをより自然に、目立たなくしてくれます。コンシーラーを塗っているのにカバーされていない! というお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度コンシーラーの使い方を見直してみてくださいね♪
(濱田文恵)
1

この記事を書いたライター

濱田文恵
自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数持つ美の探究者

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡