カットしなくてもできる♡ 簡単“シースルーバンク”のやり方4パターン

韓国ブームの影響で見かけることも多くなった“シースルーバンク”。トライしたいけど、前髪をカットして作るのは勇気がいりませんか? でも、前髪が重すぎなければ、アレンジでシースルーバンクにすることもできるんです♡

シースルーバンクの作り方♡
シースルーバンクの作り方♡

今回は、シースルーバンクのやり方を4パターンご紹介します♪

アレンジ前にポイントをチェック!


普段の前髪はこんな感じ。
前髪の量が多すぎる人は難しいこともありますが、ぱっつん前髪やくるりん前髪、どちらのタイプの人でもシースルーバンクにできちゃいます!

Before:軽く巻いてセットした状態の普段の前髪
Before:軽く巻いてセットした状態の普段の前髪

前髪全部を軽くする人も多いですが、サイドの部分はそのまま残しておき(画像:1、3)、中央3分の1くらいだけを透かせるのが、よりかわいいシースルーバンクにするポイント♡

シースルーバンクを作るときのポイント
シースルーバンクを作るときのポイント

束感も均等にするのではなく、少し太め~かなり細めまでまだらにすると自然です。

パターン1. 小物を活用


不器用さんの中には、ピンを自然に留めることさえ難しい……という方もいますよね。はじめにご紹介するのは、難易度ゼロの小物を使ったアレンジ方法です。

やり方


(1)前髪のバランスを見て、透かしたい量の前髪をとります
(2)留めやすいところにピンで留めたら完成!

帽子で隠れるので不器用さんでも安心!
帽子で隠れるので不器用さんでも安心!

わかりやすいようにアメピンを使用していますが、短めのスモールピンやデコボコ感が少ないパッチンタイプのピンもおすすめ。帽子をかぶっちゃえば、ピンも隠せます!

カットしなくてもできる♡ 簡単“シースルーバンク”のやり方4パターンの4枚目の画像

帽子以外にも、カチューシャやスカーフを使って隠す方法もありますよ♪ シースルーバンクが似合うか試してみたいという方や、時間がない時にもぴったり。

パターン2. 前髪が薄めの方はワックスを


もともと前髪が重くない方は、ピンで留めたりしなくてもシースルーバンクにすることが可能! 風に吹かれた時や自分で前髪を左右にこすってみた時に、ほんのりおでこの肌色が見える方は、このパターンを使える可能性が高いです。

手で左右にこすってみると、エアリー感が出ておでこが透けます!
手で左右にこすってみると、エアリー感が出ておでこが透けます!


やり方


(1)先ほどの画像のように、手ぐしで前髪の根元をこすってエアリー感を出し、ベースを作ります
(2)中央部分の透け感があるところをワックスを使って束にするだけ!

ワックスを使って中央に束感を出す
ワックスを使って中央に束感を出す

ピンも使わず、自然なシースルーバンクが完成!
ピンも使わず、自然なシースルーバンクが完成!

ワックスは“毛先だけに付けること”“束は太くしないこと”がつけるときのポイントです。束にする太さや範囲は、韓国のアイドルやモデルさんなどの画像を見ながら近づけてくださいね!

前髪が薄めの人はワックスを
前髪が薄めの人はワックスを


使用したワックス


前髪に使用するアイテムは、ベタベタして見えないものが第一条件! LUFT(ルフト)のワックスはテクスチャーが乳液に近く、固まりすぎずナチュラル感を演出しやすいのでおすすめ。



パターン3. サイドに隠してみて


次にご紹介するのは、アレンジ感は少ないけれど、ピンを使ってシースルーバンクに見せるアレンジです。

やり方


(1)前髪のバランスを見て、透け感を調整していきます
(2)余分な前髪を避けることができたら、不自然にならないように真ん中で二等分します

カットしなくてもできる♡ 簡単“シースルーバンク”のやり方4パターンの14枚目の画像

※おでこから後頭部までの幅が長い人はギザギザとライン取りをするとより自然です

(3)画像のように分けた前髪をサイドで留め、固定した部分を上から髪の毛を下ろして隠します

余分な前髪をサイドで留め、上から毛を被せると隠せる!
余分な前髪をサイドで留め、上から毛を被せると隠せる!

前髪を留める時、後ろ側へ持っていきすぎると分け目が目立ってしまいます。留まりにくい場所ですが、なるべく角度をつけすぎずに、耳上あたりで留めると自然に仕上がりますよ。

前髪をサイドに隠して薄くする方法
前髪をサイドに隠して薄くする方法

もともとシースルーバンクの人に比べるとん前髪の分け目が目立ってしまいますが、上手く留めることができれば不自然には見えないのでおすすめ♡ 前髪の取る量やピンを留める場所によっても少しずつ印象が変わるので、ぜひ練習してみてくださいね♪

サイドに隠してみて
サイドに隠してみて


パターン4. アレンジでおしゃれにシースルー


最後にご紹介するのは、前髪アレンジをしながらシースルーバンクに見せる方法です。前髪の量が多い方やきちんとセットした風に見せたい人におすすめ♡
1
2

この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡