小麦肌さん、色白さん別 “オレンジメイク”で夏を先取り♡【イラスト】

小麦肌さん、色白さん別 “オレンジメイク”で夏を先取り♡【イラスト】の5枚目の画像

イラストレーターのharuchartです♡
今回はフレッシュなビタミンカラーがかわいい「オレンジメイク」を、小麦肌さんと色白さん向けに分けてご紹介します♡

小麦肌さん向けオレンジメイク


まずは小麦肌さん向きの、おフェロでヘルシーなオレンジメイクです。



ベースメイク


ベースは素肌感を意識して、元の肌を生かしたツヤ肌に。オレンジブラウンのチークを外ほお骨にそって入れて、大人っぽさを出します。同じチークを使って眉毛を描いても◎。




アイメイク



上まぶたはシャドウなしorベージュやアイボリーなどの目立たないカラーを単色塗りします。下まぶたのキワには、オレンジやオレンジブラウンのペンシルシャドウをひいてぼかします。



アイライナーはかなり明るいブラウンで、“アイライナーを引いている”感のない自然な目の深みを出します。まつげはビューラーなどで上げすぎず、ブラウンマスカラをON!



リップ


リップはコーラル系グロス単品でプルプルに♡ もし唇の色味が足りなければ、ベージュリップなどを下地にしても◎。




白肌さん向けオレンジメイク


次は白肌向きのフレッシュな幼さのあるオレンジメイクです。



ベースメイク


ベースにはピンク味のある下地を使い、セミマットになるように仕上げます。アプリコットオレンジのクリームチークをほおの下のあたりに丸く入れて童顔に! 眉毛は整えすぎず、明るい色で少し形を整えたら明るい色の眉マスカラをON。



アイメイク



明るく肌なじみのいいオレンジのアイシャドウを、上下に単色塗りします。目頭だけホワイトラメのシャドウを入れて、うるうるな瞳にするのもかわいい♡



アイラインは引かず、ロング&カールマスカラでまつげをガッツリと上げます。マスカラは明るめブラウンがおすすめです!



リップ


リップには彩度が高めのアプリコットレッドを中心からグラデーション塗りし、イエローグロスを重ねるとフレッシュでぷるぷるなオレンジを作れます♡



いかがでしたか?
暖かくなってくる季節にもピッタリなので、ぜひ試してみてください♪
(haruchart)
1

EDITOR

haruchart
ピンク、かわいいを中心に女の子が好きなものを描くイラストレーター♡ 雑誌、YouTube、アイドルグッズなどさまざまな場面でイラストを描いています♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事