”彼女いる?”って聞くのは怖い 彼の恋愛事情を自然に聞き出すトーク術♡

気になる人ができたとき、「好き」に踏み込む前に最初にチェックしたいのは、彼女がいるかいないですよね! でも、どうやってそれを聞き出すかって、意外と難しいと思います。
(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

共通の友だちがいれば周りに探りを入れることもできるけど、それができない場合はやっぱり彼自身から情報を得るのが一番近道。でも、がっついてるように思われたら嫌われそうとか、いきなり聞きにくいなっていう気持ちからズルズル先延ばしにしちゃうことって多いんじゃないでしょうか? そんな悩みに当てはまる人は、ぜひ次のような方法を参考にしてみてください!

トーク術1.ストレートに聞いちゃう


雑談のなかで「◯◯君は彼女いるの?」ってどストレートに聞いちゃうと、意外と変な意味がつかずに質問できます。流れとしては、周りの恋バナを軽くしていたついでとか、休日は何してるかを聞いたあとなどに続けると、ナチュラルに聞き出しやすいです! 

出会ってからまだそんなに経ってなくて世間話で仲良くなろうとしてる段階にある場合、かえって雑談の延長としてそういう話題も軽く聞けちゃう強みがあります。相手をどんどん好きになっていってしまってからでは、さりげなく質問すること自体、気持ち的にも難しくなっていってしまいますよね……。出身地をたずねるぐらいのトーンでふわっと聞きましょう!

自分に彼氏いないことは伝えよう!



相手に彼女がいなかった場合、流れで自分が今フリーなことはしれっと伝えておくのがおすすめ! 向こうから聞いてくれない場合の理由って、「特に興味がない」というさみしいパターンもあるけど、「聞いて変に思われるといけない」「彼氏いそう」と思ってる場合もあります。それってつまり「モテそうな子」「かわいい」と意識してるからこそ、聞くのを躊躇してる可能性もあるっていうこと! 

自分のことを明かすときも重たくならずに、「わたし今いないんですよねー」って、さらっと言いましょう。出会いの段階で単純に「彼氏いない=いけるかも」とテンションを上げてもらうため、フリーですっていうシンプルな情報を与えておいて損なし! ただし、何年間いないとか、元カレの話をするのはやめておくのが無難。めんどくさそうな情報を聞くと、相手が警戒してしまうかも……。

トーク術2.彼女がいること前提で話をふる


ストレートに聞くのが難しい場合には、「彼女がいると思い込んでるてい」で雑談を進めるという方法もあります。たとえば、好きな食べ物の話になったら「彼女さんにもよく作ってもらうの?」、趣味がフットサルって聞いたら「彼女さんにも応援に来てもらうんだ?」って、ノロケを聞き出そうとしてるようなトーンで聞いてみると自然! 彼女持ちだった場合も、相手から「恋バナが聞きたかった」ようにしか見えず、ケガしないで済みますよね。

リアクションは意外そうに!


「いないよー」とか「彼女がいればいいんだけどさ」って彼から聞けたら、すかさず意外そうにリアクションしましょう! 「意外!」「彼女いそうに見えたよー」と言えば、「モテそう=かっこいい」とさりげなくほめることができます。そこから「落ち着いてる」「話してて安心する」というキーワードにつなげると、ほんのり好意をほのめかせておすすめ♡


気になる人に、彼女のありかなしをさりげなく確認できる方法をご紹介しました! なかなか聞けずにモヤモヤしがちな人は、タイプな男子と出会ったときにぜひ試してみてください♪
(由井妙/studio woofoo)

EDITOR

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡