桜井日奈子さん×吉沢亮さんは“秘密の恋”したい…!? 映画『ママレード・ボーイ』

桜井日奈子さん、吉沢亮さんのW主演で実写化された映画『ママレード・ボーイ』が4月27日より公開♡ 

原作は1990年代に少女漫画誌『りぼん』で連載され、シリーズ累計発行部数が1000万部を超える大人気作品です。同じ年のイケメンとの突然の同居から始まる甘くてほろ苦いラブストーリーは、世代を超えて愛され続けています。

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

ローリエプレス編集部では、漫画の世界からまさに抜け出てきたような美男美女カップルの桜井日奈子さん&吉沢亮さんにインタビュー! 


それぞれが演じた光希(ミキ)、遊(ユウ)への想いや、撮影を通してストーリーと同様に徐々に距離を縮めて行ったお二人の関係性などについてお話を伺いました。またお二人の恋愛観にも迫る質問にも答えていただいちゃいましたよ♡

素直で一途な光希と“ママレード・ボーイ”な遊


お互いの両親が離婚&パートナーチェンジして再婚! そして同居!! というありえない展開から一緒に住むことになった高校生の光希(桜井日奈子さん)と遊(吉沢亮さん)。自分の感情に正直に反抗しまくる光希に対して、遊は甘い笑顔を見せながら、クールに事態を受け止めるという正反対なキャラクターです。

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

桜井さんは「光希は素直で一途で何事にも一生懸命。思ったことが全部口に出ちゃうような女の子」と言い、吉沢さんは「遊はすごく周りに気を使う男で、遊自身が何を考えているのかはよくわからない。それこそ“ママレード・ボーイ”っていう感じで、表面的にはみんなに優しいんだけど、その内面は絶対に人に見せなかったり、陰があるんです」と話します。


また、桜井さんはそんな光希を演じる上で苦労があったそう。

桜井「最初、私は漫画原作の実写化っていうことで、デフォルメされたお芝居が必要なのかな?って思っていて、その感覚で本読み(撮影に入る前に脚本をセリフのような調子で読み合うこと)に行ったんです。そうしたら(廣木隆一)監督から、『全然伝わって来ない』って言われてしまって(笑)。ナチュラルに演じることが今回が初めてだったので、もう必死でした」


一方、『オオカミ少女と黒王子』(2016年公開)に続き、廣木監督とは2度目のタッグとなる吉沢さんは「監督のやりたい雰囲気はなんとなくわかっていた」と言いつつも、カメラが引いた位置からの映像の美しさに定評がある監督が、逆に寄って撮るときは緊張したと明かします。

吉沢「どのタイミングで監督がヨリを欲しているのかがわからないんです(笑)。だから、いきなり『ヨリ撮るよ』って言われると、めっちゃ緊張しちゃう。そんな現場は廣木さんだけなんですけどね」

ブッ飛んだ設定でも、共感ポイントは満載


原作が伝説的な漫画ということで、お二人とも原作を読んでから役に挑んだとのこと。

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

桜井「両親たちがパートナーを交換するという突拍子もない設定は、逆に今となっては新しいなって思いました。なので、二十年以上も前の作品だなんて全然感じなかったです。それに、その設定以外の部分は共感できるところが多くて。遊と銀太(佐藤大樹さん)の間で揺れる光希の気持ちとか、親友の茗子(優希美青さん)を大切に思うところとか。観ていただく方にも共感してもらえると思います」

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

吉沢「単純にこの設定は憧れますよね。同世代のキラキラしたイケメンといきなり一緒に住むことになるとか、銀太みたいな爽やかイケメンからも好きって言われたりとか。あとは茗子と先生(竹財輝之助さん)との恋愛もそうだし、このお話に出てくるどの恋愛をとっても、女性からしたら憧れるシュチュエーションじゃないですかね。それからその恋愛が、全部本当にピュアで真っ直ぐなんですよ。そういう部分は心にストレートに来るんじゃないかって思います」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事