欅坂46・織田奈那が映画初主演 演技にかける情熱やメンバーへの思いを告白♡

欅坂46のメンバー、織田奈那さんが櫻井淳子さんともにW主演を務めた、ショートフィルム作品『未来のあたし』が、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018』の“ジャパン部門”に入選、ノミネーションされ公開となります。



今作で櫻井さん演じる真理の高校生時代を演じた織田さんに、ローリエプレス編集部では独占インタビューを実施! 本格的な演技に初挑戦し、初主演を務めた今作への想いや、演技に対する意気込み、そして欅坂46メンバーとの話や、おすすめの自分磨き法まで、いろいろと教えてもらいました♡


演技ができることが嬉しい!


演技経験は欅坂46のメンバーとともに出演したドラマ(『徳山大五郎を誰が殺したか?』『残酷な観客達』)のみで、今回が本格的な演技は初挑戦、しかもグループを離れての活動に「すごく緊張していました」と話す織田さん。しかし演技に対する意欲は高く、出演が決まったときはとても喜んだそう。

「演技ができるって思うと、すごく嬉しくて。今までグループでしか演技をやったことがなかったので、一人でできるっていうチャンスも嬉しかったし、不安はあったんですけど、頑張りたいな、って思いました。もともと人見知りなので一人での現場は心細くもあったんですが、共演者の櫻井淳子さんを始め、皆さんが優しくしてくださって。それから、地元(静岡県浜松市)で撮るっていうのも嬉しかったですし、監督も、前回ドラマ(『徳山大五郎を誰が殺したか?』)を一緒にやらせていただいた豊島圭介さんだったので、安心して挑めました」
1
2
3
4
5

EDITOR

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事