欅坂46・織田奈那が映画初主演 演技にかける情熱やメンバーへの思いを告白♡

欅坂46のメンバー、織田奈那さんが櫻井淳子さんともにW主演を務めた、ショートフィルム作品『未来のあたし』が、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018』の“ジャパン部門”に入選、ノミネーションされ公開となります。



今作で櫻井さん演じる真理の高校生時代を演じた織田さんに、ローリエプレス編集部では独占インタビューを実施! 本格的な演技に初挑戦し、初主演を務めた今作への想いや、演技に対する意気込み、そして欅坂46メンバーとの話や、おすすめの自分磨き法まで、いろいろと教えてもらいました♡


演技ができることが嬉しい!


演技経験は欅坂46のメンバーとともに出演したドラマ(『徳山大五郎を誰が殺したか?』『残酷な観客達』)のみで、今回が本格的な演技は初挑戦、しかもグループを離れての活動に「すごく緊張していました」と話す織田さん。しかし演技に対する意欲は高く、出演が決まったときはとても喜んだそう。

「演技ができるって思うと、すごく嬉しくて。今までグループでしか演技をやったことがなかったので、一人でできるっていうチャンスも嬉しかったし、不安はあったんですけど、頑張りたいな、って思いました。もともと人見知りなので一人での現場は心細くもあったんですが、共演者の櫻井淳子さんを始め、皆さんが優しくしてくださって。それから、地元(静岡県浜松市)で撮るっていうのも嬉しかったですし、監督も、前回ドラマ(『徳山大五郎を誰が殺したか?』)を一緒にやらせていただいた豊島圭介さんだったので、安心して挑めました」

櫻井淳子さん演じる46歳の家庭をもつバリバリのキャリアウーマンの真理が、過去にタイムスリップして、高校時代の自分・マリ(織田さん)と出会うというストーリー。高校生のマリは将来への不安を抱えながらも、自分の気持ちを正直に表現する、明るく真っ直ぐな女の子です。

「脚本を読ませていただいて、今、19歳の私でも共感できるなと思いました。自分が高校生のときもマリとおなじように将来どうなるんだろう? どういう風になりたいんだろう? って考えていたし、今はアイドルとして活動しているんですけど、まさか自分がこの世界にいるとは思っていなかったです。やりたいっていう憧れはあったんですけど、現実はそんなに甘くないって思っていたので(笑)。マリはおっちょこちょいで、でもやるって決めたら、すぐ行動に起こしちゃうタイプ。衝動的に行動するところは、自分と似ていますね。キャラクターは監督とお話させていただきながら作って行ったところもあるんですけど、例えば私が告白する山田くんっていう男の子をなんで好きになったのか、とか、脚本には書かれていないことも細かく設定してやりました」


――未来からやってきた真理を、高校生のマリは自然と受け入れますが、あれは結構びっくりな出来ごとですよね?

「確かにそうですよね(笑)。でも会った瞬間に何かを感じたんだと思います。ありえないことだからこそ、そういうことがあったら感じられるかもって、監督ともお話しました」

初体験がいっぱいの現場


演技経験が浅いだけに、現場ではまだ戸惑うことも多かったものの、逆に周りから多くのことを学ぶことができたと、満足そうに当時のことを話す織田さん。



「最初に監督から“気持ちは作ってきてね”って言われて、“難しいなぁ”って思ったんですけど、櫻井さんと演技をしていたら、自然とマリの気持ちになれました。ただ最初のリハーサルのときに、私が全然殻を破れなくて、もじもじしながら演技をしていたら、監督から“このままじゃ撮れないよ”って言われて。“わ~厳しい”って思ったんですけど、このままじゃダメなんだ、悔しい! って思って気持ちに火がつきました。最初は演技をすること自体が久しぶりだったし、一人だし、恥ずかしいし……全然ダメだったんですけどそういう周りの方々からの助けもあって、感情を乗せて、マリの気持ちになることができたら素直にできるようになりました」
1
2
3

EDITOR

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事