占い師さんに聞く♡ 毎日がもっとハッピーになる開運方法

ジメジメして気も滅入る6月。「気分が沈むと、運気も下がる」と言うけれど、何とかして気持ちも運気も上げていきたいですよね。そこで今回は、「開運」に詳しい人気占い師、エキサイト電話占いの月花蜜(つきはなみつ)先生に、「6月だかこそ、日常に取り入れやすい開運方法」を教えていただきました。


開運方法その1:自分磨きにチャレンジしてみる


Point:「ツヤ肌&髪」に意識を向けて!


湿度の高い雨の日は、肌が潤うかというと必ずしもそうではなく、細菌が繁殖しやすくなっているうえにエアコンの風で乾燥してしまうこともあります。また、「雨の日だから」と、日焼け止めを塗ることを手抜きしてしまうと、思いのほか紫外線にさらされていることもあります。
他のシーズン同様、日焼け止めと洗顔、保湿を丁寧にして肌を大事にしましょう。恋のライバルに差をつけることも出来そうです。
また、髪の毛は湿度が高いとヘアスタイルが崩れやすいため、自宅では生乾きにならないようヘアドライを丁寧にすることが大切です。外出時は、ブラッシングやヘアオイルで対策をしましょう。

Point:お風呂で手軽なホットヨガ♡クリアな心で願望成就!


梅雨の時期は、低気圧の影響で憂鬱な気分になる人が多いようです。また、この時期は、「なんとなく痩せにくい」、「体が重い」と感じる女性も多いのだとか。お風呂でホットヨガに近い環境を作り出し、“心と体のストレス解消”をすると、エクササイズにもなり効果的です。
例えばバスタブに両足を伸ばしながら乗せ、Vの字のように体を前屈させ背筋を伸ばします。足に両手を添え、胸と両足を近づけて、そのポーズのまま3度ゆっくりと呼吸をしましょう。これは、ヨガの「前屈のポーズ」の1つです。肩のこりや骨盤の歪みに効果があると言われています。
気持ちがスッキリすると、「引き寄せ」や「願望成就」がしやすい心の状態になるため、お好みのポーズでお風呂ヨガを楽しんでみてくださいね。

Point:厄除け


6月といえば夏越の祓(なごしのはらえ)。6月30日に全国の神社で行われる神事があります。今年後半から素敵なスタートをきりたい方は、ぜひ、今年の前半までのお祓いを神社でしてみると良いでしょう。
夏越の祓の日、茅の輪くぐりができます。茅の輪という大きな輪を8の字を描くように3度潜ると厄災や病気から逃れることができると言われています。また、形代(かたしろ)という紙を人の形に切り抜いたものに名前や年齢を書いて撫で、息を吹きかけて神社に納めると穢れを清めてもらえます。川に流すか、お焚き上げすることが多いようです。予約のいる神社もありますので、行きたい神社がある人は事前に調べて予約をしておきましょう。

開運方法その2:“避けるべきこと”を知る


メイクが崩れやすい季節のため、メイクアップに凝ったり新しいメイクに挑戦したりすることは、出来るだけ避けておくと良いでしょう。メイクが崩れると、それだけでストレスになってしまったり、化粧直しでコスメをいつもより多く使ってしまう場合もあります。お気に入りのコスメを大事に効果的に使うためには、メイクの崩れやすい季節を回避するか、せめて雨の降っていない過ごしやすい日にすると良いでしょう。



開運方法その3:人気占い師が実践していることを真似る


中学生の頃に読んでいたティーン向けファッション誌に、「梅雨の日の過ごし方」のコラムが掲載されていました。可愛いイラストつきで掲載されており、「どしゃぶりの雨が降っている日に、東京タワーから外を眺めてみよう」というような内容でした。このコラムを読んで、「そうか、雨の日は楽しんでしまえばいいんだ!」と、雨の日に対する見方が変わったことを今でも覚えています。
1
2

EDITOR

エキサイト電話占い
毎日を楽しくする占い♡ 恋愛/自分磨き/女子力UP/仕事/転職/運勢/人間関係。人気占い師監修の記事をお届け!悩んでいるときは占いにも頼ってみてくださいね♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事