片付けられない女の特徴と片付け上手になる方法♡ 汚部屋を卒業!

原因2. 忙しい



忙しいと、片付けをする時間がなかなかとれませんよね! 片付けは重要性は高いものの、緊急性は高くないためについ後回しにしてしまうことも。

特に一人暮らしだと部屋にいるのは自分だけなので、「まぁいいか」となってしまいがち。時間の余裕がないと、部屋も乱れてしまいます。

原因3. 部屋が汚いことに気づいていない


子どもの頃から散らかった部屋で過ごしていると、物が溢れている状態が普通になっていて、そもそも部屋が汚いことに気づいていないという人も。

自分の部屋がきれいなのかわからない場合は、友達や恋人の部屋に訪れて比較してみたり、実際に聞いてみるのもおすすめです!

原因4. 家族に片付けができないor苦手な人がいる


家族に片付けができないor苦手な人がいると、小さい頃からその状態をみているために、片付けの基準がわからなくなってしまいがち。

毎日片付けをするのが普通の環境で育った人と、足の踏み場がなくなっても片付けをしない家庭で育った人では、大人になってからも片付けるタイミングに差が出てしまいます。

片付けができない女のデメリット


片付けられない女の特徴と片付け上手になる方法♡ 汚部屋を卒業!の2枚目の画像

では、片付けができないとどんなデメリットがあるのでしょうか? 部屋が片付いていないのは、部屋だけではなく心まで影響してきます。

デメリット1. ダニやカビによる、アレルギー&健康被害


物があふれている部屋は、掃除が十分にできず、ほこりフケなどもたくさん。ダニやカビにとって最高の環境を作ってしまっています。

ダニやカビが増えることで、アレルギーなどの健康被害が出る場合も。特にぬいぐるみなど布製品が多い人は注意が必要です。

デメリット2. 自己評価が下がって心が不健康になる


片付けができていないことに対する罪悪感や、「どうしてこんなこともできないんだろう」と自分を攻めてしまうことも。ほとんどの人が片付いた状態の部屋を理想としているために、理想とはほど遠い部屋に住んでいることで自己評価が下がってしまいます。

自己評価が下がると自信も失い、心が不健康に。仕事や、友人・恋人との関係にも影響してしまいます。

デメリット3. 時間を浪費する



「あれ、どこにしまっておいたっけ? ここにあったはずなのにな……」と毎日何かしら探していませんか? 

定位置を決めていないことで、どこに何があるのかわからなくなってしまっている片付けられない女。毎日10分探しものをしているだけでも、年間にすると152時間も探しものをしていることに! その時間を他のことにまわしたらできることもたくさんありますよね。

デメリット4. お金が貯まりにくい


部屋が片付いていないと、必要なものが何か自分でも把握できていないため、不必要なものを買ってしまっていることも。

財布をあけるといつのかわからないレシートが大量に入っていたり、期限切れのポイントカードが入ったままになっていませんか? 今月何にいくらつかっているのか把握していないという人も多いかと思います。

お金を貯めるには、お金の管理をして無駄な出費をしないことが重要です。片付けられない人は財布の中身もぐちゃぐちゃで、お金の管理をすることができないことが多いです。

片付け上手になる方法



片付けられない原因とデメリットがわかったので、次は片付上手になる方法をご紹介します! 忙しい方でも5分でできる方法もあるので、自分にあった方法で今日から片付け上手への1歩を踏み出してくださいね♡

方法1. 必要なものか区別する


片付け上手になる第一歩は、必要なものを残し・いらないものを捨てること。物を溜めこみすぎると、何が必要で何が不必要なのかわからなくなってしまいます。

自分の直感を信じて、いらないものをまずは捨てましょう! 数年前は必要だと思ってとっておいたものも、今改めてみるとゴミだと思えるものも意外と出てきますよ。
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡